【天国と地獄 〜サイコな2人〜第8話】ネタバレ・あらすじ・感想

TBSにて綾瀬はるか主演で放送中の『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は綾瀬はるかが初めて刑事役の挑戦した話題作です。

今回は、『天国と地獄 〜サイコな2人〜』第8話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

湯浅の正体

陸は湯浅の手のひらにほくろがあるのを確認します。

そして湯浅は目を覚まし、陸に頼みごとをするのでした。

河原は一之瀬を殺した十和田が第一のクウシュウゴウで、彼の遺品の漫画に影響された東朔也が第二のクウシュウゴウとして田所や四方を殺したと推理していました。

そしてそこに日高や彩子も関係していると考えます。

一方、日高(彩子)は、日高と東が結局奄美に行かなかったことを確認します。

そこに八巻から、九米の息子が連続殺害の新たな被害者になったと連絡が入るのでした。

事件が起こったのが九米の家を張り込んだ日だと知った日高(彩子)は、実は彩子(日高)は殺人犯ではなく、殺人動画も自分を脅すための偽装で、ただ兄の東を探し回っていたのではないかと考えます。

その後、日高(彩子)は会社の派遣清掃員として登録されていた東朔也の書類を秘書の五木に見せてもらいます。

その顔は、湯浅でした。

一方、彩子(日高)は再び東朔也がいる病院に行くものの、すでに退院したと知り「何考えてんだよ、兄さん」とつぶやくのでした。

そのころ、陸に病院を連れ出してもらった湯浅も「どこにいくかな」とつぶやいていました。

湯浅が東朔也で間違いなさそうで、やりきれない気持ちになりました。

彩子(日高)の今までの行動も、兄を助けるためだと思うと納得が行きます。

そして殺人をする兄の後始末をしながら、どんな気持ちでいたのかと考えると切ないです。

彩子(日高)の真実

九米幸彦の殺害は連続殺人事件と同一犯と思われるものの、これまでのように室内を清掃した痕跡はなく、証拠も多く残されていました。

履いていたらしいスニーカーのブランドも特定され、防犯カメラにもマスクをした男の姿が映っていたのです。

日高(彩子)の会社を訪ねた彩子(日高)は、あなたが逮捕されるかもしれないから社長を辞任してほしいと言います。

それを聞いた日高(彩子)は東の書類を見せ、あなたは生き別れの兄を止めようとしているのではと尋ねるのでした。

そして兄を擁護しようとする彩子(日高)と、どんな人でも殺されてもいいわけがなく、死守すべきルールがあると強く言う日高(彩子)。

にらみ合う二人でしたが、やがて彩子(日高)は兄をかばうことは諦めると言い去って行くのでした。

日高(彩子)は陸と電話で話し、クウシュウゴウかもしれない人と一緒にいると聞かされます。

陸は日高(彩子)から送られた東の写真を見て、それが湯浅であることを確認するのでした。

知り合いだからって逃がしたら駄目と言う日高(彩子)に、分かってる、と言って電話を切る陸。

陸は湯浅が余命三か月なのを思い出します。

湯浅はあるビルを見上げ、以前あそこで警備員をしていたが追い出された、俺はいてもいなくても同じだったと言うのでした。

そのころ彩子(日高)は東から、「お前が15分先に生まれて来ればお前の人生は俺のものだった」と言われたことを思い出していました。

死守すべきルールがあるという日高(彩子)の言葉も頭に浮かびますが、そんなことは何百回も考えたと呟く彩子(日高)。

湯浅の正体が殺人犯かもしれないと気づきながらも、黙って側にいてあげる陸の優しさに心を打たれました。

東の「お前が15分先に生まれていれば~」という言葉からは、彼の歩んできた不遇の人生が感じられ、辛くなってしまいます。

日高(彩子)に迫る危機

彩子(日高)は、鑑識の新田のもとに行き、監視カメラに映った男の顔を解析した映像が東に似ていること、その時着ていたブルゾンも特定されたことを知ります。

その後、彩子(日高)は犯人のものと特定されたスニーカーとブルゾンを買うと、自宅で細工をします。

そしてそのスニーカーと犯人の遺書を川べりに起き、あたかも自殺したように偽装するのでした。

それを発見した警察は川で大々的な捜索を始め、ブルゾンも発見します。

一方、日高(彩子)は彩子(日高)から、兄が自殺した可能性があると聞かされ、偽装だと感じます。

日高(彩子)は時間の問題ですぐにばれると言いますが、彩子(日高)はその少しの時間が大事だと言うのでした。

やがて捜査会議でも犯人の自殺は偽装ではないかという話が出ますが、そこに河原がやって来て東朔也の話をします。

さらにスクリーンに東の顔を映し出し、AIの解析によると防犯カメラに映った犯人の顔と99パーセント一致すると言うのでした。

そして東が九米幸彦の父親の会社で警備員として働いていた頃、派遣されたビルでひと悶着あったと話し出します。

このビルでは喫煙スペースに出るのにオートロックをいちいちオフにする必要がありました。

修行のため警備員として働いていた幸彦はそれを面倒くさがってオフにしたままにし、窃盗犯に入られてしまったのです。

犯人は逮捕されたものの、息子のせいだと知った幸彦の父親は東がオートロックを切ったことにしてクビにし、同僚も見てみぬふりをしたのでした。

そして河原は、彩子(日高)が東朔也のことを検索していたと、彼女の関わりを皆にばらそうとします。

彩子(日高)は、日高の会社の清掃員に東が入っていたから調べていたと話して切り抜けます。

すると河原は日高と東が共犯の可能性がある、一緒に居酒屋にいた証言もあると言い出すのでした。

そこに鑑識の新田が入ってきて、現場にいた犬の糞から日高の乳歯が見つかったと報告します。

それを聞き「まだ持ってた・・・」と呟く彩子(日高)。

そして、東だけでなく日高(彩子)も緊急配備されることになったのでした。

彩子(日高)は日高(彩子)のことを思い出し、「何か・・・何か・・・・」と考えを巡らせます。

そして今日が何の日か思い出し、部屋を飛び出していくのでした。

自殺の偽造までして東を逃がす時間を作ろうとする彩子(日高)は、彼が余命わずかなのを知っているのかもしれません。

河原の有能さはさすがですが、警察に追われる東と日高(彩子)は一体どうなるのでしょうか。

彩子(日高)は何をしようとしている?

福岡にいるという陸からのLINEを見ている日高(彩子)に、八巻から緊急配備のことを知らせる電話が入ります。

会社にも警察が訪ねて来ますが、五木の助けによりなんとか逃げ出す日高(彩子)。

その時、後を追われないよう日高の携帯を捨てるのでした。

そのころ、福岡で陸と一緒にいた湯浅は、歩道橋の上でここから間違ったと話していました。

そして日高(彩子)から入れ替わりのことを聞いた五木は、今まで変だと思ったことが納得いったと話します。

そして日高はあなたのことを助けるはず、と彼がもう一度入れ替わろうとする可能性に触れるのでした。

その時、日高(彩子)に彩子(日高)から、これから歩道橋に来られるかと電話が入ります。

歩道橋の上で二人が会うと、彩子(日高)はもうこれしかないと、田所殺害の凶器の丸い石を日高(彩子)に渡し、手錠を出して逮捕しようと迫ってくるのでした。

日高(彩子)は焦りながらも、きっとこれは芝居で何か意図があると考えます。

日高(彩子)が彩子(日高)を振り払った瞬間、二人はバランスを崩します。

その時日高(彩子)は、手錠と石と満月が、入れ替わった時と同じだと気づくのでした。

そのころ、湯浅は陸を奄美大島に行こうと誘っていました。

そして彩子(日高)と日高(彩子)は一緒に階段から落ちていました。

目を覚ました彩子は、自分の顔に触れるのでした。

入れ替わりの話を受け入れ、彩子(日高)のことも信じようとする五木は素敵な人です。

彩子(日高)が日高(彩子)を逮捕するそぶりを見せてから入れ替わろうとしたのには、驚かされました。

結局二人は入れ替わったのでしょうか。

そして陸を奄美に誘う東の意図がなんなのか、次回も見逃せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました