【天国と地獄 〜サイコな2人〜第7話】ネタバレ・あらすじ・感想

TBSにて綾瀬はるか主演で放送中の『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は綾瀬はるかが初めて刑事役の挑戦した話題作です。

今回は、『天国と地獄 〜サイコな2人〜』第7話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

謎の人物・東朔也

男性が自宅らしき場所で殺害され、現場には歯が一本落ちていました。

彩子(日高)は東朔也の死亡届が出ていないか検索しますが、該当はありません。

そして河原は、十和田の遺品の漫画を東という人物が持って行ったこと、彼は漫画の主人公を自分みたいだと言っていたと知るのでした。

日高(彩子)と陸と八巻は、数字を消す仕事を依頼した人物・クウシュゴウが歩道橋にあらわれるのを待ちます。

陸は以前に同じ仕事をした時、歩道橋に師匠の湯浅が通りかかったのを思い出していました。

そして落書きを頼まれた男は、依頼者の右手にほくろがあったと言うのでした。

一方、彩子(日高)はビルの爆発火災で身元不明者が8人出たと知り、遺体の確認作業に行きます。

そして一人一人の右手を確認した後、「まだ生きてんのかよ。」と呟くのでした。

日高(彩子)は「暗闇の清掃人」の漫画を読みます。

それは清掃会社で働く影の薄い主人公がクウシュウゴウというコードネームを使い、法で裁けない悪人たちを始末していくというものでした。

彼は仕事の後に、「クウシュウゴウ」のサインを残していきますが、それは「こんな人はいない」と言う意味でした。

東朔也らしき人物が見つからないまま夜になり、歩道橋に彩子(日高)がやってきます。

歩道橋の数字が消えているのを見て、東が生きていると感じる彩子(日高)。

日高(彩子)は彩子(日高)に近づいて東朔也とは誰かと聞いてみますが、はぐらかされるのでした。

その後日高(彩子)の携帯に記憶喪失の話を優菜から聞いたと、父親が電話をしてきます。

そして手紙のことも一度ちゃんと話したいと言うのでした。

いつも冷静な彩子(日高)が東朔也の行方を探して必死になっているのが気になりました。

彩子(日高)は東に死んでいてほしいと願っているのでしょうか? そしてあまり目立たなかった湯浅ですが、確かに怪しい部分が多いと感じました。

湯浅が気になる陸

彩子(日高)は東を探すため、彼がすい臓がんを患っていると医療ソーシャルワーカーに話します。

飲んでいた薬も知らせる必要があり、以前拾った薬のパッケージを確認しようとする彩子(日高)。

そしてコインロッカーが誰かに開けられたことに気が付くのでした。

日高の実家のある福岡を優菜と訪ねた日高(彩子)は、学校の側にある歩道橋を見つけ、手紙の場所だと確信します。

一方、陸は八巻と歩道橋を張り込んだものの、クウシュウゴウは現れないまま、仕事の報酬を送金するというメールが来るのでした。

陸が日高(彩子)の家に入ろうとすると、中に彩子(日高)がいました。

そして驚く陸にキスをし、彼が呆然としている間にロッカーの中にあった証拠品を持って行ってしまうのでした。

薬のパッケージを入手した彩子(日高)は、ソーシャルワーカーに薬の名前を伝えます。

湯浅の家を訪ねた陸は、彼が右手に包帯を巻いているのに気が付きます。

そして二人は居酒屋に行き、以前にロッカー探しに協力してくれた男たちと飲むのでした。

自分の手を汚して汗水流す奴らが報われてほしい、と話す湯浅に陸は、彼の人生がどんなだったのかを尋ねます。

すると湯浅は、つまんない人生だよと笑うのでした。

そのころ河原は東のことを聞いて回っていましたが手掛かりがなく、死んでいるのかわざと姿を隠しているのではと感じていました。

八巻と陸が一緒にあんパンと牛乳で張り込みしている様子がほのぼのしていて癒されます。

陸が今の仕事を始める前はエリートだったと知り、彼の有能さに納得が行きました。

そして彩子(日高)が陸にキスする場面が色っぽく、ドキドキしてしまいました。

東朔也の真実

日高(彩子)は父親に手紙の話を聞きます。

すると父は、この手紙はお前の双子の兄・朔也のものだと言うのでした。

実は日高は母親の連れ子で、父親とは血のつながりがなかったのです。

父はラーメン屋をしていたころ日高を連れた母と出会い、彼女のおかげで店も繁盛し、やがて結婚して商売を大きくしたのでした。

バブルがはじけたころに母親は父親に、実は日高に二卵性の双子の兄がいたが、元夫と別れた時に義母に追いてくよう言われたと明かしたのです。

東家は裕福でしたが、バブルがはじけたのち、四方と言う男に負債を押し付けられて大変なことになっていました。

そこで母親は父親と共に東家を訪ねて朔也を引き取ろうとしたものの、元夫は拒否したのです。

しかしその様子を見ていた朔也は、日高の下駄箱に歩道橋で会いたいという手紙を入れたのでした。

差出人が朔也だと感じた母親が歩道橋で様子を見ていると、朔也は日高が抜けた歯を失くして探しているところに声をかけ、一緒に探していました。

その時にちょうど歯が抜けた朔也は、それを日高にあげたのです。

そして朔也の靴の下にあった日高の歯は、朔也がもらったのでした。

朔也はそのまま日高の元を去りますが、母親は彼を捕まえて引き取りたいと言う話をします。

朔也は、父親が東京でやり直すので、その前に一度弟に会いたかったと言うのでした。

朔也は母親に「弟が可愛くて良かった。」と言い、それきり会うことはありませんでした。

しかし、その後日高と朔也がどこかで会っていても不思議ではないと言う父親。

そして朔也とは「新月なり」という名前だと話します。

朔也と日高が双子だったという衝撃の真実に驚かされました。

両親に別々に引き取られたことで不幸な境遇になった朔也のことを思うと胸が痛みます。

回想の子供時代の朔也がとてもいい子だったので、余計に切なくなりました。

新たな殺人の判明

湯浅と一緒に店を出た陸が帰ろうとすると、急に湯浅が苦しみだして倒れます。

彼の服の中からは、彩子が証拠品として持っていた薬のパッケージと同じものが落ちるのでした。

日高の部屋に入った日高(彩子)は奄美の海岸にあったのと同じ丸い石に気づきます。

優菜の話では、それはどこに転がっても最後は戻ってくるようにという奄美のお守りで、朔也も貰っているかもしれないということでした。

日高(彩子)は、クウシュウゴウは日高の行き別れの兄であり、事件の共犯者で間違いないと考えます。

しかし二人の人生がどこで再び交わったのか、まだ日高(彩子)の知らないことがありました。

そのころ、男性が殺されている部屋の中に落ちている歯を、動き回っていた飼い犬が食べてしまっていました。

再び死亡届を検索していた彩子(日高)の元に、ソーシャルワーカーから東かもしれない人が見つかったと連絡が入ります。

慌てて出て行った彩子(日高)は画面をそのままにしてしまい、河原の部下がそれを見て、東とは東朔也らしいと河原に電話するのでした。

河原は、彩子(日高)も東を探していると気づきます。

病院を訪ねようとした彩子(日高)は上司から、九米幸彦という男性が死亡したと連絡を受けます。

それは、九米正彦の息子でした。

リストにない人物が殺されたことで、「あああっ!」と声を上げる彩子(日高)。

そして病院には寄らないまま走っていくのでした。

一方、彩子(日高)が行こうとした病人には湯浅が入院しており、陸が側についていました。

そして東朔也のことを聞いて回っていた河原は、彼が清掃の仕事をしていたこと、日高と一緒にいたことがあったことを知ります。

そのころ秘書に東朔也のことを尋ねた日高(彩子)は、社長が一緒に奄美に行くと言っていた人だと聞かされていました。

九米幸彦の殺害害現に駆けつけた彩子(日高)は、犯人の血紋が出たと聞かされ、もうダメだと呟きます。

そしてクウシュウゴウの右手にほくろがあるのを思い出した陸は、眠っている湯浅の右手を確認しようとするのでした。

殺された人物が九米正彦の息子だったのが衝撃でした。

そして現場に残された歯は誰のものなのでしょうか。

彩子(日高)があそこまで焦り、感情的になる理由も気になります。

果たして湯浅の正体が朔也なのか、次回も見逃せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました