【リコカツ】第5話ネタバレ・あらすじ・感想|ついにホントの新婚生活、開始!?

『リコカツ』は、交際ゼロ日婚で結婚した夫婦が、すぐに離婚を検討することから始まる独特なストーリー展開が見どころのラブストーリーです。

出版社に勤務する編集者を北川景子が演じ、自衛官一家の長男を永山瑛太が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『リコカツ』第5話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『リコカツ』第5話あらすじ

放送日:2021年5月14日

咲(北川景子)と紘一(永山瑛太)は、離婚はせずにもう一度最初からやり直そうと心を新たにする。
その夜、紘一の母・薫(宮崎美子)が自宅に戻って来たと正(酒向芳)から連絡が入る。二人が駆け付けると、薫は旅館で働いた給与明細を正に見せ、正式に離婚を迫る。

翌朝、咲は薫から、紘一の好きな料理の作り方を教えてもらうことに。
一方、紘一は咲の母・美土里(三石琴乃)から離婚宣告されて落ち込んでいた武史(平田満)を心配し、咲の実家へと向かう。するとそこには武史の浮気相手と思われる里奈(中田クルミ)の姿が。さらに美土里から離婚届を託された貴也(高橋光臣)もやって来て、紘一、武史、貴也、里奈の4人はすき焼きを囲むことに…。

そんな中、紘一に異動の話が持ち上がる。自宅と基地が離れていることを気にする上層部がいるというのだ。仕事のこと、咲とのことを考えた紘一は、基地に近い実家に引っ越そうと決意し、咲に提案。ところが、咲は小説家の水無月連(白洲迅)から「新境地を開くような小説を書きたい」とチャンスを与えられたばかりで、二人の意見は真っ向から対立。

咲と絋一はついに離婚へと進みだしてしまうのか…。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『リコカツ』第5話ネタバレ

本当の新婚生活のはじまり

「離婚はもうやめよう。」「君の傷つく姿はもう見たくない。」やっと心が通じ合った紘一と咲。

同じ頃、貴也は誤って持ち帰った離婚届を見てしまい、焦った拍子に届を床に落としてしまいます。

離婚届は、女性の足元へ。

その女性は、なんと純だったのです。

そんなことも知らず、「これからが本当の新婚生活のはじまりだね。」と、新鮮な気持ちでときめき合う紘一と咲。

しかしそんな甘い空気を打ち消すように、正から紘一へ電話がかかってきます。

「母さんが帰ってきた。」

紘一と咲は急いで紘一の実家へ駆けつけるのでした。

薫の揺るがない決意

久しぶりに姿を見せた薫は、今までの雰囲気からは想像ができないほどの派手なTシャツを着ており、薫の変わりぶりに紘一も目を丸くしてしまいます。

正は薫の帰宅に安心しきった様子で、以前と同じように「早く飯を作ってくれ。」と薫に頼みます。

しかし薫は、自分が稼いだ給料の給与明細を見せながらキッパリと言います。

「私は帰ってきたわけではないのです。お父さんはできないと思っていたかもしれないけど、私は自分でこれだけのお金を稼ぐ事ができたんです。」

薫が帰宅した真の理由は、パート先で正式採用をもらうにあたって戸籍を整理したかったことでした。

自分が家を飛び出すくらいのことまでしないと、正は離婚のことを本気で考えないだろうという予感があったからこそ、家を出る決心をしたと薫は話します。

自分は本気だから、離婚届にサインをしてほしい。

薫の要望に対し、正は「時間をくれ。」と渋ります。

薫は、考える時間なら十分にあったはず、と反抗し話しの決着はつきません。

夜も遅い時間だったので、その日は家に泊まるよう正は薫に言いますが、薫は「私はもうこの家の人間ではないから泊まるわけにはいかない。」と断固として泊まらない姿勢を見せます。

そこで、咲が「私と紘一さんも止まるので、お義母さんも一緒に泊まりましょう。お義母さんにお願いしたいこともあります。」と驚く提案を持ち出し、戸惑いながらも3人は泊まることになりました。

咲は薫に、紘一の好きなお袋の味を教わりたいと薫に頼むのでした。

今までのギスギスした紘一と咲の関係からはあり得なかったラブラブ感に、紘一は密かに胸が踊るのでした。

深まる家族の溝

紘一、咲、薫は同じ部屋で寝ていましたが、翌朝4時、お決まりのラッパの音で起床する紘一。

別室で正も掛け声とともに起床し、薫と咲も起こされるのでした。

居間に集まった正、紘一、咲。

「母さんは?」と紘一に尋ねる正ですが、薫はイヤホンをつけて正たちの声を聞かない姿勢を貫きます。

きっと、今まで紘一の家族は3人で4時起床、家訓の唱和が習慣だったのでしょうが、薫は自分には関係ないとばかりに背を向けていました。

唱和を終えると正と紘一はランニングに出かけて行きましたが、薫はそれも知らんぷり。

その間に朝食の用意はするものの、食卓に正の分は運ばれていませんでした。

ランニングから帰宅した正に、「ご飯はジャーに、おかずは流し台にあります。」と、薫はあくまで正に尽くさないという意思表示を変えません。

そんな薫の態度に怒りが頂点に達した正は「外で食べる。」と家を飛び出してしまいました。

気にせず機嫌よく朝食をとる薫ですが、紘一と咲はなんとも言えない気持ちで過ごします。

その後、薫と咲は食材の買い出しから帰宅し、咲は薫から料理を教わります。

その間も正は終始怒りの表情を隠せません。

そこへ、咲に武史からメールが入り、紘一とふたりでご飯を食べに来ないかと誘われます。

武史は美土里から離婚を突きつけられたばかりで、武史の様子が気がかりな咲。

しかし今は紘一宅を抜けるわけにはいかない、と咲は紘一に相談します。

すると、「自分が行く。」と紘一は武史の様子を見に行くと申し出ます。

「自分も咲さんのお父さんが心配だから、任務として行ってくる。」

頼もしく説く紘一に、咲は武史のことを任せることにしました。

不穏なすき焼きパーティ

武史の元を訪れた紘一ですが、なんとそこには武史と美土里の離婚の引き金となった里奈の姿がありました。

ミニスカートでエプロンを身にまとい、せっせとすき焼きの準備をする里奈。

美土里の留守中に上がり込むなんて非常識だから出ていってくれと里奈に頼む紘一ですが、そんな紘一に武史も里奈も「考えが古い。」とケラケラ笑っています。

自分たちはただの異性の友達で、やましいことは何一つないと言い切る武史と里奈。

武史が落ち込んでると思って駆けつけた紘一としては腑に落ちません。

そんな中、武史の家の呼び鈴が鳴ります。

武史に頼まれて紘一がドアを開けると、そこに立っていたのはまさかの貴也でした。

流れで貴也も一緒にすき焼きを食べることになり、不思議な組み合わせで食卓を囲むことに。

実は、貴也が訪れたのは美土里から預かった離婚届を武史に渡すためでした。

美土里は新しい会社を立ち上げるらしく、登記をするにあたって戸籍をスッキリさせたいと希望していたのです。

一方その頃咲は、苛立ちオーラを放つ正に怯えながらも、薫から着々と料理を教わっていました。

しかしそんな中、咲の携帯に水無月連から「今すぐ来て。」と急な呼び出しがかかります。

「今日は休みをもらっているから。」と、連の呼び出しを無視しようとするも、薫は「私たちは大丈夫だから行っておいで。」と咲を送り出します。

咲は慌てて連の元へ。

紘一は武史の家を後にするとき、武史から「離婚届のことは、まだ咲には内緒にしてくれ。」と念を押されてしまいます。

武史のことは後できっちり咲へ報告すると断言してきた紘一ですが、武史の願いも無視できません。

悩みながらも武史の家を出る紘一。

すると車に乗り込もうとする紘一のもとへ、貴也が駆け寄ってきます。

「実は間違えて持ち帰ってしまった。」と、紘一の記載した離婚届を差し出します。

驚く紘一に、「咲さんとは離婚する方向で話しが進んでいるんですか?」と尋ねる貴也。

離婚を期待した貴也にふっと笑みが漏れていることに気づいた紘一は、間髪入れずに「やり直すことにしたんです。」と貴也へ引導を渡します。

貴也は打ちのめされた顔で立ちすくすしかありませんでした。

水無月連の秘密

ようやく連の元へ駆けつけた咲。

呼び出した要件は、新作の本文が一部書き上がったことの報告でした。

すぐさま新作原稿を読みこむ咲。

連に感想を尋ねられて、水無月連らしい素敵な純恋愛になると思う、などと返答していく咲。

ですが、「何万部売れると思う?」という問いに「水無月先生くらいの人ならそんなこと気にせず自由に書くのかと思った。」と発言し、その言葉に連はピクリと反応します。

「もう君に新作は渡さない。」と、新作原稿をゴミ箱に投げ捨てる連を見て、連を怒らせてしまったと焦る咲。

必死に謝る咲ですが、連はひょうひょうとし、「新しいものを書きたくなっちゃった。」と不敵な笑みを浮かべます。

水無月連の新境地を発掘したら、咲の評価も上がるからおいしいだろうと持ちかける連。

その代わり、咲には連の話し相手になってもらうという条件を突きつけるのでした。

その流れで、連の家で食事をともにすることになった咲。

「結婚生活に不満はないか。」という連の問いに対し、咲は独身時代と違って生活習慣を相手に合わせなければいけないこと、相手と好みが全然合わないことなどを話します。

「じゃあなんで結婚してるの?」と興味深そうに尋ねる連に、「私はこの結婚にかけてるので。」と答える咲。

続けて「水無月さんはご家族はいらっしゃるのですか?」と聞き返しますが、言葉を濁して連は話題を逸らしてしまいます。

何か深い事情がありそうな、そんな予感を思わせる表情の連。

束の間の幸せ

自宅へ帰るのがすっかり遅くなってしまった咲。

紘一に薫たちの様子を聞くと、正が離婚届にサインをするまで薫は正の元に滞在するということで一旦話しが落ち着いたことを話します。

もちろん、その間の正の世話はしないという条件のもとで。

紘一と咲は、薫が持たせてくれた手料理をお腹いっぱいに食べて幸せなひと時を過ごします。

ふと、武史の様子はどうだったか尋ねる咲ですが、武史の家に里奈がいたことも美土里から離婚届を突きつけられたことも、とても咲には話せません。

必死にごまかす紘一は、咲に水無月連の話題を投げてその場を切り抜けます。

咲は紘一へ、水無月連が新たな試みをするという発言をしたことを嬉しそうに話し、紘一もそんな咲の話しを微笑ましく聞いています。

嬉しそうにはしゃいでいた咲ですが、どっと疲れが出たのか、突然紘一の腕にもたれながらコックリと眠りに落ちてしまい、紘一は咲をお姫さま抱っこしてベッドへ運びます。

美しい咲の寝顔に胸が高まり、こっそりキスを試みる紘一ですが、ギリギリで我に返りそっとおやすみを告げて寝室を後にしました。

どこまでもピュアな紘一がとても可愛らしいです。

お互いに譲れないもの

翌日、基地で紘一は上官から異動の話しが出ていることを聞かされます。

自宅から基地まで1時間半もかけて来ることを心配する声があるとか。

なんとか基地の近くに引っ越して来られないか、奥さんと相談するようにと言われてしまった紘一。

そのやりとりを陰でこっそり純が聞いているのでした。

一方咲の方は、水無月連の新作が取れそうだと熱く上司に語ります。

連の言うように、水無月連の新境地を開ければ評価が上がるからとにかく頑張れと鼓舞されていました。

咲も自分の仕事が大事な時であることを示しています。

咲は今までとは違い、料理もするようになり、やっと新婚らしい生活になってきました。

しかし、紘一と夕食を取ろうとしていたところにまた連から電話が。

新作についての話し合いをしたいというものでした。

いつまで経っても終わらない連との電話のせいで、紘一は異動のことを咲に言い出せないまま夜が明けてしまいました。

ふたたび訪れる離婚の危機

翌朝、紘一は通勤時間を早めるために3時半に起床します。

しかしベッドに咲の姿はなく、どうやらリビングで寝落ちしてしまったようでした。

目を覚ました咲は、自分が連との電話中に寝落ちしてしまったことに青ざめ、紘一の作ってくれた朝食に手をつけることもなく大急ぎで連の元へ向かってしまいました。

そんな努力も虚しく、連からは「電話中に寝落ちするなんてあり得ない。」とメールが来るのみで取り合ってもらえません。

紘一はというと、いつもより余裕を持って家を出たはずが事故による渋滞に巻き込まれてしまいます。

仕方なく、紘一が行くはずだった任務に谷を行かせるよう指示を出す紘一。

しかしそれによって谷は全治1ヶ月の骨折を負ってしまったのでした。

谷の一件に重い責任を感じた紘一は、今の自分の環境が救難団としてふさわしくないことを痛感します。

意を決して、紘一は水戸の実家に咲とともに移り住むことを決めますが、肝心の咲は相変わらず徹夜で連の相手を続けていました。

大事な話しをしたいのに咲とまったく話しができず、連日徹夜で咲を電話に付き合わせる連に、紘一は怒りを爆発させてしまいます。

咲のスマホを取り上げ、連に向かって「毎日遅くまで電話させるなんて非常識だ。」と怒鳴り電話を切ってしまいます。

そんな紘一の態度に咲も怒りが抑えきれません。

紘一はようやく水戸への移住を咲に話すことができましたが、咲は連の新作を手にするためには今水戸へ移るわけにはいかないと主張します。

救難団としての任務を全うするために水戸へ移住したい紘一。

連の仕事を勝ち取るために東京から離れることはできないという咲。

お互いの主張は平行線。

ついには大喧嘩へと発展してしまい、咲は家を飛び出して会社へ向かってしまいました。

咲は文芸部員の三十五から「これで水無月連から新作を取れなかったら恥ずかしいよね。」と大きなプレッシャーを寄せられながらもなんとか仕事を取ろうと前を向きます。

すると、なんと文芸部に純が訪問してきました。

喫茶店で話すことになった咲と純。

そこではじめて、紘一が上官から異動の話しを持ちかけられていたこと、紘一の遅刻のせいで谷が怪我をしたことを知らされるのでした。

何も知らなかった咲に、純は「別れた方がいいんじゃないですか?離婚届も用意していたんですよね?」と、離婚届を見たことも告白します。

「お互い、住む世界が違うんです。」そう言い残した純の言葉に、咲は呆然とするのでした。

帰宅した咲は、職場に純が来たこと、紘一の身に起こった一連のトラブルを純から聞かされたこと、純に離婚をすすめられたことを紘一に話します。

「どうしてそんな大事な話しをしてくれなかったのか。」咲はそう紘一を責めますが、「話そうとしても君はいつも忙しそうだった。」と、紘一も反論します。

水戸についてきてほしい紘一、東京に残りたい咲。

咲はお互いの仕事を守るために別居婚を提案しますが、「別々に住んでいる時点でそれは夫婦ではない。」と、どうしても譲れない紘一と意見が対峙してしまいます。

言い合いの果てに、ついにまた「住む世界が違いすぎる自分たちは離婚するべきだ。」と振り出しに戻ってしまいました。

決断の署名

その頃正は薫に、「自分の何がいけなかったのか。」と尋ねます。

薫は、「紘一の成長の想い出に、あなたはどこにもいませんよね。」と一言。

その言葉に、正は何も言い返せなかったのでした。

一方武史は、自宅で静かに離婚届にサインをしていました。

今までの想い出が、頭の中を過るような、寂しげな表情をしています。

そして紘一と咲。

紘一の署名がされた離婚届に、ついに咲も名前を書き印を押してしまいます。

それぞれの夫婦が、別れを決断して離婚届に名前を刻み、第5話は幕を閉じたのでした。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『リコカツ』第5話感想

ようやくラブラブな新婚生活が始まると思いきや、一気に離婚へと舞い戻る急展開。

離婚を決意→撤回→やっぱり離婚に舞い戻るという、まさかの無限ループを繰り返すのではという意外な展開も予測されます。

第6話は紘一と咲の最後の晩餐が描かれるようです。

果たして、またふたりは夫婦に戻ることができるのでしょうか?

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました