【リコカツ】第4話ネタバレ・あらすじ・感想|誕生会が地獄絵図へ…全員離婚の結末は!?

『リコカツ』は、交際ゼロ日婚で結婚した夫婦が、すぐに離婚を検討することから始まる独特なストーリー展開が見どころのラブストーリーです。

出版社に勤務する編集者を北川景子が演じ、自衛官一家の長男を永山瑛太が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『リコカツ』第4話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『リコカツ』第4話あらすじ

放送日:2021年5月7日

咲(北川景子)は紘一(永山瑛太)が自分と結婚した理由に心を打たれ、紘一も自分を理解してくれている咲のことを愛おしく思う。紘一の実家の騒動を機に初めて気持ちが通じ合えた2人。夫婦仲良く帰宅すると、家にはなぜか咲の元カレである貴也(高橋光臣)がいた!
咲の母・美土里(三石琴乃)が、弁護士である貴也に自分の離婚を相談したのがきっかけだったが、貴也はそこが元カノ・咲の新居であり、その夫がスポーツジムで仲良くなった紘一だと知り、凍り付く。そして、この一件を機に再び咲と紘一の間に距離ができてしまう。

翌日、咲は異動になった文芸部に初めて出勤し、小説家・水無月連(白洲迅)の担当を命じられる。連は若者に絶大な人気がある“恋愛のカリスマ”だ。しかし、その言動は身勝手極まりないもので、異動して早々に仕事にも暗雲が立ち込めていた。

一方、紘一は紘一なりの思いで、咲との離婚を真剣に考え始めていた。そんな時、美土里が自分の誕生日パーティーを咲たちの新居で開くことを勝手に決め、知り合いに招待状を送っていた。そのパーティーで再び咲と紘一と貴也が顔を合わせ、そこにさらに紘一に思いを寄せる同僚の隊員・純(田辺桃子)もやって来て…。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『リコカツ』第4話ネタバレ

ついに明かされた三角関係

帰宅した咲と紘一は、リビングに貴也がいることに驚きます。

美土里が弁護士に離婚の相談をと考えていたところ、貴也のことを思い出し連絡を取ったというのが事のいきさつでした。

別の弁護士を手配するように頼んだのに、貴也本人が来てしまったのだと美土里は説明します。

貴也は貴也で、「咲さんの家だとは知らなかった。」と必死に弁明します。

咲と貴也が元恋人同士だったということを知った紘一は動揺が隠せません。

何も知らなかったと必死に説明する貴也に対し、顔を引きつらせながらも「知らなかったのであれば、仕方ないです。」と寛大な態度を装う紘一。

しかし貴也はうっかり口を滑らせてしまい、先日咲とレストランで再会したことまで話してしまいます。

慌てて咲も「本当に偶然再会しただけ!」と紘一に事情を話しますが、紘一はさらに動揺が増していきます。

気まずさに耐えられなくなった貴也はそそくさと退出。

へらへらとごまかそうとする美土里や楓ですが、怒りを爆発させた咲は美土里たちも出ていけと追い出します。

部屋は静まり返り、咲と紘一のふたりだけとなりました。

レストランでの再会は本当に偶然だったと謝る咲ですが、紘一は「言い訳はしなくていい。自分たちは離婚するのだから。元カレに相談すればいい。」と冷たく言い放ちます。

「紘一さんはそれでいいの?」と問いかける咲に、「問題ない。」とだけ言い残して紘一は部屋へこもってしまいました。

そんな紘一の反応に、咲はとても寂しそうな表情を見せるのでした。

部屋にこもった紘一は、貴也とジムで交わした会話を思い出します。

「一番つきあいが長かったのは、4ヶ月前に別れた彼女だった。」「その彼女は自分への当て付けに、出会ってすぐの男と結婚してしまった。」

その相手が自分だったという驚愕の事実に大きなショックを受けていました。

咲も、紘一に貴也との再会を誤解されたことが悲しくて、それぞれ別の部屋で眠れない夜を過ごすのでした。

愛を信じない恋愛小説家

ついに異動の日が来てしまった咲。

向かった先は文芸編集部。

乱雑に本が積み上げられており、それまで過ごしていたファッション編集部のデスクとは大違いです。

さっそく文芸部の編集部員に挨拶をする咲ですが、岩田の独特すぎる感性やマウントを取るような態度に早くも不安を感じずにはいられません。

咲は小松原から“恋愛のカリスマ”と呼ばれる若手の人気恋愛小説家、水無月連が、咲を担当に指名していることを聞かされます。

会ったことがないはずなのに、なぜ?と疑問に感じながらも、咲は小松原に言われるままに水無月の自宅へ向かいます。

そこでは水無月の、現担当者への横柄な態度に唖然とさせられてしまう咲。

差し入れのワインにはケチをつけ、さらには原稿を撒き散らすという威圧的な行動が目に余ります。

その水無月は、先日オフィスで「俺は愛なんて信じない」と言い放ったあの男でした。

水無月は咲に、希少なビンテージワインをはじめ、手配が困難な品物を用意するように言いつけます。

「今の時期は手に入らないのでは?」と反論する咲に、「用意できなければクビ。」ときっぱり。

さらには「なんで私を担当に選んだんですか?」と尋ねる咲に、即答で「顔。」と答える始末でした。

最後の誕生日パーティ

一方その頃、基地で浮かない表情をする紘一。

そんな紘一の態度に、「奥さんとケンカでもしましたか?」と純が尋ねます。

女の勘が働いたのでしょうか。

別に、とごまかす紘一に、谷が突然美土里の誕生日パーティを紘一たちの家でやるという話しを始めて、紘一は訳がわかりません。

美土里のもとへ事情を問い詰めに行くと、谷の彼女が美土里のファンであることから交流が始まっていたということでした。

美土里が誕生日パーティの場所を紘一と咲の家にした理由は、自宅だと武史がいるから嫌だ、というもの。

家では美土里は武史とまともに会話もしない家庭内別居状態なのです。

しかしそんな美土里の態度にも武史は楽観的。

正のもとで酒を酌み交わす武史は、「どうせすぐ自分のところに戻るだろう。」と、正と都合のいい考えを語り合うのでした。

美土里は咲たちへ、毎年家族に誕生日を祝ってもらっていたけど、今年で最後にするからどうしても咲たちの家で開催させてほしいと頼みます。

すでにゲストを多数呼んでしまったことも告白する美土里。

その中にはなんと貴也も含まれていることを知り、怒りを抑えきれない咲は紘一を連れて美土里のもとを後にしました。

外を歩きながら、元カレの話しばかりして申し訳ないと謝る咲。

別に、と答える紘一ですが、「紘一さんは気にしなくても、私が気にするの。一応、まだ夫婦だから。」と咲は紘一の反応をうかがいながら次の言葉を待ちます。

すると突然、」携帯を忘れたから先に車に乗っていてほしい。」と咲に言い残し、紘一は美土里のもとへ舞い戻ります。

携帯を忘れたというのは紘一の嘘。

美土里に、咲と貴也はつきあっていた頃どんな様子だったかを尋ねたかったのです。

美土里は、貴也と咲はとてもお似合いだったこと、価値観もよく似ていたこと、どうして結婚しなかったのかとても不思議だと感じていたことなどを包み隠さず紘一に伝えました。

その話しを聞いた紘一は、咲の本当の幸せのために密かに決意を固めるのでした。

紘一への気持ち、そしてすれ違い

翌日、咲は水無月から突きつけられていた無理難題な要求をすべてクリアして水無月のもとを訪れました。

「顔だけじゃないんだ。」と挑発的な態度の水無月に対し、「褒め言葉だと受け止めます。」とさらりとかわす咲。

強気な咲に水無月も満足そうな笑みを浮かべ、さっそく新作のストーリー案について話し合います。

水無月の新作案は、まさかの「妻の元カレが夫婦の自宅に現れる」という設定で、咲と紘一の今の状況にそっくりでした。

「夫が妻に激怒したら子供っぽいか?」とつぶやく水無月に、咲は即答で「怒ってほしいです!」と力説します。

理由を聞かれた咲は、友達の話しですが、と嘘をつきながら、全然怒らない夫の態度はモヤモヤすると本音を漏らしてしまいます。

咲自身の話しだと勘づいている水無月は、「そんなに旦那のことが好きなんだね。そのお友達。」とぽつり。

自分は紘一のことが好きなのか?

ひとりになってから咲は自問自答し、もしかしたら、紘一との関係をやり直せるのではないかと期待に胸を膨らませて帰路を急ぎます。

しかし、紘一に差し出されたのは記入済みの離婚届でした。

現在のマンションも、売りに出すため査定を申し込んだことを紘一から聞かされます。

「どうして急に?」と戸惑う咲に、「だって、自分たちは、離婚するんだろう?」と弱気に問いかける紘一。

「そうだけど。。」と言葉を詰まらせて、何も言えずに咲は離婚届を受け取ってしまいました。

紘一は続けて、美土里の誕生日パーティは予定通りこの家でやろうと提案します。

「自分が家族として君の誕生日を祝えるのは最初で最後だ。」「君の両親が離婚するなら、なおさら最後にみんなで祝ってあげた方がいいんじゃないか。」それが紘一の考えでした。

咲は、自分の家族はいつも自由でバラバラだったけど、美土里の誕生日だけは家族揃ってお祝いしてきたという想い出を紘一に語ります。

「うちにはそんな習慣はなかった。とても素敵な想い出だ。」そう寂しげに微笑む紘一に、咲は「紘一さん、私たち。。。」と、やり直したい気持ちを言いかける咲ですが、思いとどまって「うちの家族のことまで考えてくれてありがとう。」そう告げました。

紘一も咲も、本音を言えないままリコカツは進んでいってしまいます。

誕生日パーティは離婚の幕開け

誕生日パーティーの前日、咲は武史にパーティへきてほしいと頼みます。

渋る武史に、美土里が“これが最後の誕生日パーティ”と言っていたことが気がかりだ、と伝えますが、武史はただの気まぐれだと真に受けてくれません。

「離婚なんてことにはならない。35年も一緒にいるから大丈夫。」そう言い切る武史。

果たして、本当に大丈夫なのでしょうか。

その日の夜、紘一と咲は力を合わせてパーティの準備に取りかかります。

終始ふたりは楽しそうで、まるでつきあいたてのカップルのようですが、ふとした瞬間に切なさが込み上げます。

翌日、ぞくぞくとゲストが揃い、パーティが始まりました。

純は咲に手製の筑前煮とおでんを手渡した上、キッチンで紘一と並んだ時に「まるで私たち新婚みたいですね。」と、普通に考えたら奥さんの前で絶対言ってはいけないであろう発言をします。

楓や梓は「マウント取られている気がする。」と純への警戒心をあらわにします。

賑やかにパーティが進むなか、こっそり寝室を覗き込む純に咲は気づきます。

すかさず「どうしました?」と声をかける咲。

純は、寝室に忍び込んだことをごまかしながらも、咲への不満をぶつけてきます。

「救難員は、いつでも万全の体調でいなくてはいけない。奥さんはちゃんと尽くしてくれているのか?」上官として心配だと話す純ですが、紘一への好意は明らかです。

咲も、純の言葉に胸をえぐられるような気持ちになってしまいます。

パーティが盛り上がる中、紘一は不動産屋からの電話を受けてベランダに出ますが、そこには先に貴也がいました。

そこで貴也は「咲さんが幸せそうな姿を見るのはきつい。」と本音を漏らし、その場を後にします。

まだ貴也のほうも、咲への気持ちがあることを知ってしまった紘一は、ますます咲に本当の気持ちを言い出せなくなってしまいます。

キッチンでひとり料理をよそう純に、貴也は「紘一さんのこと好きなんですよね?」とストレートに投げかけます。

はじめこそ戸惑う純でしたが、不倫は法的にも危険だからやめたほうがいいと釘を刺す貴也に対し、「でも法律で心は縛りませんよね?」と強気に言い返します。

紘一への気持ちが恐ろしいほど本気なのがわかります。

ケーキが運ばれ、パーティがクライマックスにさしかかった頃、会場には武史が花束を持って登場しました。

戸惑いながらも花束を受け取った美土里を見て、このままふたりの仲が修復すると思ったのも束の間、花束をひょいと武史に突き返し、美土里は「私たち、離婚しまーす!」と声高らかに宣言したのでした。

離婚の結末

ゲストが帰り、家族だけになったところで、武史は「あれは冗談だよな?」とおそるおそる美土里に尋ねますが、美土里は「本気よ。」の一点張り。

今まで何度武史が浮気しても、武史は一度もそれを認める発言をしてこなかったのに、最後の最後で認める発言をしたことが許せなかった、それが美土里の離婚の決め手となったのでした。

花束は気持ちだけ受け取ると言われた武史は、花束を握りしめて家を飛び出してしまいました。

武史を追いかけた咲は、道端で泣き崩れる武史を目の当たりにして何も言えなくなってしまいました。

紘一に、「結婚ってなんなんだろうね。」と、答えのない問いかけをする咲。

離婚は本人たちだけの問題ではなく、家族みんなを傷つけるものなんだと改めて実感してしまいます。

そんな咲に、「君も傷ついたんじゃないのか?」と、紘一は咲を気遣います。

ずっと張り詰めていた糸が切れたかのように、咲の目からは涙がこぼれ落ちていきます。

「帰る家がなくなるのは寂しい。私はひとりぼっちになってしまった。」

そう言って悲しむ咲に、紘一は「もういい。離婚はやめよう。」と告げて咲を優しく抱きしめます。

「もう君の傷つく姿は見たくない。」「君をひとりにはしない。」

咲は紘一の腕の中で泣きじゃくるのでした。

それぞれの道へ

そんな中、荒れ果てた正のもとへ突然姿を現した薫。

悲しみにひとり呑んだくれる武史。

美土里の手には“乳がん”の要精密検査通知書。

それぞれの熟年夫婦にまだ波乱の予感を感じさせます。

そして貴也の手元には、紘一の名前が記された離婚届が誤って混入していたのでした。。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『リコカツ』第4話感想

第4話では、いつも明るく能天気に見えた美土里が、今までずっと抱えてきた苦悩を打ち明けました。

こんなふうにずっと我慢をし続けて過ごしている夫婦は意外に多いのかもしれませんね。

反して、ようやく心が通じ合った紘一と咲。

今後はどんな試練が待ち受けているのでしょうか。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました