【リコカツ】第2話ネタバレ・あらすじ・感想|離婚の準備は偽装夫婦から

『リコカツ』は、交際ゼロ日婚で結婚した夫婦が、すぐに離婚を検討することから始まる独特なストーリー展開が見どころのラブストーリーです。

出版社に勤務する編集者を北川景子が演じ、自衛官一家の長男を永山瑛太が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『リコカツ』第2話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

時代遅れの夫婦観念

「まだ君の夫だ。」紘一が咲に力強く言い放った、第1話の雨のシーンから第2話が始まります。

ちょうどその時紘一の携帯が鳴ります。

相手は紘一の父、正からでした。

紘一の母、薫が結婚指輪と離婚届を置いて忽然といなくなってしまったことを告げられ、大急ぎで紘一の実家に向かった二人。

薫が姿を消す前、何か変わったことはなかったかと紘一に尋ねられ、正は前日の出来事を回想します。

薫は自身の欄を埋めた離婚届を手に正へ差し出しましたが、正はそれに対してなんの反応もせず「夕飯にたまご焼きをつけてくれ」と一言残して薫のそばを離れたことを思い出しました。

しかし、そのことを紘一たちへ告げることなく、突然「喉が渇いた。

お茶が飲みたい」と言い出す正。

驚く咲ですが、言われるがままに台所へ行きます。

お茶缶のお茶っぱを切らしていることに気づいた咲が、お茶っぱのストックの場所を尋ねるも、正も紘一もどこにあるかまったくわかりません。

今までずっと薫が黙々とすべてをこなしてきたことが、この描写から見て取れます。

さらにはお茶の件に留まらず、「腹が減った。」と、咲に夕飯の用意をさせようとする正。

簡単なものでいいと言いながら、そうめんを提案した咲に「今は夏ではない!」と一蹴する正。

紘一に助けを求めるも、正の嫌いな食材をアドバイスするのみでなんの力にもならない紘一。

呆れた咲は「夕飯はウーバーイーツにしますね!」と開き直り。

昭和と令和のぶつかりあう様子が象徴されています。

自宅に帰った先と紘一は、今後の正について話し合います。

「このままでは自分たちの離婚のことも言い出せないから」と、紘一の反応を伺いながら切り出す咲ですが、「そうだな」とだけ答える紘一。

やはり離婚はするんだ。。

と咲は少し複雑な心境になります。

正の今後について、自分のことは自分でできるようにしないといけない、と主張する先に対し、紘一は正への熱い尊敬の意を語り出します。

咲は結婚生活の存続は難しいと感じながらも、自分のことは自分でやろうという姿勢を見せ始めている紘一の姿を見て、複雑な思いを抱きながらもリコカツへの道を歩みはじめます。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

パーティーとバーベキュー

後輩のユミからの嫌がらせで企画の担当から外されてしまった咲は、自ら雑用を引き受けてこなしていました。

そんな仕事一筋の咲を見て、紘一とラブラブだと信じ込んでいるなつみは「咲は紘一さんと結婚していてよかった」と嬉しそうに言います。

土砂降りのあの日、紘一が咲のことをとても心配していたとなつみから聞かされる咲。

紘一への想いはより複雑になっていきます。

そんな中、上司から新しい大きな仕事の話しが舞い込んできます。

その内容は、RALRH LAURENのヴァイスプレジデント(副社長級のポジション)と、マーケティングディレクター(マーケティング領域のリーダー)の重要ポジションを務めるキラ夫婦に、泉潮社の連載をお願いするというもの。

“理想のパートナーであるふたりのライフスタイルとファッションを写真と記事にする”というのが企画の大まかな概要でした。

連載を引き受けるにあたってはキラ夫婦から条件が提示されており、担当者はパートナーも同伴で直接会って決めたいとのこと。

咲は夫である紘一を引き連れて、キラ夫妻が主催するパーティーに参加することを上司に約束しました。

帰宅した咲は早速紘一にパーティーへの参加をお願いします。

「女性の付き添いを男がするものではない」と気の進まない様子を見せていた紘一でしたが、「離婚したら一人で生きていくための仕事が必要」という咲の主張や、なつみから聞いた咲の仕事に対する熱意を思い出し、パーティーへの参加を承諾します。

ハイブランドのRALRH LAURENに見合ったスーツを購入しにいく咲と紘一。

高額なスーツを巡って一悶着ありながらも、咲が支払いをするという条件で無事にスーツの購入を終えました。

翌日、後輩の自衛隊員から交際中の彼女へのプレゼントについて相談を受ける紘一。

しかし紘一は咲へ一度もプレゼントをしたことがないと返答します。

そして前日に咲が買ってくれたスーツがプレゼントになるならば、お返しをしなくてはいけないと、同僚から聞かされる紘一。

そんな中、上官から恒例バーベキュー大会の日程を告げられます。

既婚者は配偶者を連れていくという隊のルールがあり、リコカツ中ということもあり、迷いながらも紘一はルールを優先することに。

後輩や同僚の話しから、紘一なりに考えて咲へのプレゼントを購入して帰宅した紘一。

しかしそのプレゼントは、サバイバルに役立つペンライト型ボールペンという、ファッション業界で働く咲には到底理解できないものでした。

紘一の、女性の趣味やセンスに関して無頓着すぎる一面が可愛らしくも思えてくるシーンです。

そして紘一は咲に自衛隊員恒例バーベキューへ来るように要請しますが、咲はアウトドアがあまり得意ではないため乗り気にはなれません。

そして極め付けは、キラ夫婦のパーティーとバーベキューのダブルブッキングが発覚。

先に約束をしたパーティーへ参加するのが筋であると、咲は紘一が掲げた家訓に則って全力で主張します。

紘一は、自身が掲げた家訓に足元をすくわれる形となってしまいました。

一方、咲の実家では父、武史と母、美土里の不穏な空気が続いていました。

美土里は実家へ遊びにきた楓に、武史が若い女と浮気していることを相談していました。

武史の浮気は、孫の梓まで確信するほど常習犯。

武史の不審な行動に気づきながら、意味深な笑みを浮かべる美土里。

のちに、武史の浮気現場を動画に収めるという大胆行動を実行しました。

武史は美土里に気づいても臆することなく余裕の表情です。

浮気をしていても、罪悪感の微塵もない様子が描かれています。

その頃、薫は旅館でバイトをしながら新しい人生へ歩み始めていましたが、ふとした瞬間に家族のことを思い出してなんとも言えない寂しさが感じられます。

正と紘一を捨ててきたことに、罪悪感を感じているのかもしれません。

何かを得るためには、何かを捨てなくてはならない。

そんなメッセージが感じられる1シーンです。

ある日、咲はレストランで元カレの貴也にばったり会います。

咲の様子から元気がないことを察知した貴也は、「自分にできることがあれば助けるよ」と咲に優しく寄り添います。

咲が結婚したことなど貴也にとってはどうでもいいような態度を見て、結婚への執着が愚かだったと気づいた咲。

結婚とはいったいなんなのか。。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

紘一の男気が爆発

紘一は実家を訪れ、ゴミの分別も何もできていない正の現状を目の当たりにします。

正は新しい人生を謳歌し始めている薫のことなんて微塵も想像せず、「母さんはそのうち戻ってくる」とたかを括っていました。

しかし、そんな正に紘一は「父さんは母さんのことを何もわかっていない」と、薫が今まですべて正に合わせて言いたいこともやりたいことも我慢してきたことを告げました。

正に合わせていつもあまいたまご焼きを作っていた薫でしたが、本当は苦手で残していたことも、正はまったく気づいていませんでした。

果たして、薫は正の元へ戻ってくるのでしょうか。。

パーティーとバーベキュー、2人は結局、ひとりでそれぞれの集まりへの参加を決めました。

パートナー同伴が条件のパーティーにひとりで参加する咲。

キラ夫婦に、自分たちは自立した夫婦だと苦し紛れの言い訳を展開するも、キラ夫婦からは「結婚する意味がないのではないか」と問われて咲は困惑します。

するとその時、バーベキューに参加していたはずの紘一がスーツに身を包み咲の元へ駆けつけてくれました。

妻は夫の仕事を黙って支えるばかりではなく、夫もまた、妻の支えとなるべきだと、紘一は上官にも自分の意見を主張し咲の元へ来てくれたのです。

キラ夫婦へ、咲の仕事熱心なところも全力でアピールし、キラ夫婦からの評価は上々。

そんな紘一の思いに応えるように、次は咲も紘一とともにバーベキュー大会へ。

紘一の妻として、会の片付けに取り組みました。

しかし紘一に想いを寄せる一ノ瀬純は、咲への嫉妬心から咲を山奥へ置き去りにしてしまいます。

「戻ってくるからここで待っていて」と純に言われたものの、一向に帰ってこない純。

皆の場所まで戻ろうとするも、道に迷い、あの雪山の時のようにうずくまるしかありませんでした。

真っ暗に日が暮れた山の中、絶望的とも言える状況でしたが、またあの時のように紘一は咲を見つけ出してくれました。

咲を救ってくれたのは、あのペンライト型ボールペンでした。

「俺のそばを離れるな!」紘一は咲を全力で抱きしめます。

どんな時でも咲を助け出してくれる紘一。

咲はまた、「離婚するのに、どうしていつも助けてくれるの?」と紘一に問いかけます。

そして答えはまたしても、「まだ、君の夫だから」。。

咲と紘一の心は、少しずつ距離が縮まっていく様子がふたりの表情からも見てとれます。

女は男の仕事を黙って支えるものだという古い考えを改め、咲の仕事を全力でサポートしようという紘一の姿勢はとても好感が持てると思います。

夫婦共働きが増えているこの令和時代に必要な価値観だと感じます。

だんだんお互いの良さを認め合い、分かり合えてきた咲と紘一。

果たして、このままリコカツを進めていくのでしょうか。

次回の展開は、バーベキューのキーワードでInstagramを検索したところ、薫の姿を発見したことから薫と紘一の再開シーンが描かれます。

そして武史の浮気現場目撃から美土里は家を飛び出し、咲と紘一の家に転がりこんできたことで一悶着ありそうな予感。

さらにはリコカツ中ながらも、咲と紘一の新婚旅行という興味深いシーンも盛り沢山になりそうです。

新たな登場人物も加わり、リコカツはどう進んでいくのか、次回も見逃せない展開になりそうですね。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました