【レンアイ漫画家】第5話ネタバレ・あらすじ・感想|姉登場で二人は恋人に!?シン・清一郎の覚醒

『レンアイ漫画家』は、恋愛が苦手な漫画家と、ダメ男にばかりモテるアラサー女子の、恋愛に不器用な二人の恋愛模様を描くハートフルラブコメディーです。

レンアイ漫画家を鈴木亮平が演じ、崖っぷちアラサー女子を吉岡里帆が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『レンアイ漫画家』第5話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

『レンアイ漫画家』第5話あらすじ

2021年5月6日放送予定です。
放送終了後公開します。

公式発表のあらすじをご紹介します。

刈部清一郎(鈴木亮平)の家に居候する久遠あいこ(吉岡里帆)が朝食の準備をしていると、インターフォンが鳴る。 レン(岩田琉聖)が応対しようとするが、あまりにしつこい連打に、あいこが制した。あいこは、最近一人で歩いている時に誰かにつけられているような気配を感じていたのだ。あいこが意を決してモニターを覗くと、そこには向後達也(片岡愛之助)が立っている。安堵するあいこだったが、ストーカーを不安がっていた様子を、清一郎にバカにされてしまう。

あいこが玄関を開けると、そこには向後と共に威圧感のある女性がいた…。あいこの姉、緒方るりこ(観月ありさ)だった。るりこはあいこに会うためにアパートに行ったら取り壊されていたため、そこで出くわした男から情報を聞き出し、ここまで連れてきてもらったという。

リビングに通されたるりこは、いきなりあいこに清一郎と結婚する意思があるのか確認し始めた。「同じ屋根の下で同棲、イコール結婚」という厳格な考えを持つるりこ。幼いころから母親代わりとなって面倒を見てきてくれたるりこに心配をかけまいと、あいこが返答に窮していると、向後が清一郎ともども廊下から呼び出した。清一郎のことをあいこの恋人だと思い込んでいるるりこに対し、向後が二人に提案したのは、清一郎とあいこの疑似恋愛。それも、すべては『銀河天使』のネタのため、だという。向後のまさかの提案に呆れる清一郎だったが…。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

『レンアイ漫画家』第5話ネタバレ・感想

あいこの姉・るりこの来訪

朝早くから刈部邸を向後が訪ねてきて、ドアを開けたあいこ。

しかし向後の後ろから早瀬と、あいこの姉・るりこが乱入してきます。

るりこはあいこを訪ねて田舎から出て来たようでした。

そして取り壊されたアパートの前で途方に暮れていたところ、早瀬にここまで連れてきてもらったのです。

早瀬は振られたあと、ずっとあいこの後をつけて彼女を見ていたと言います。

向後は、あとで事情を話すと言って早瀬を追い出すのでした。

あいこが刈部と同棲していると誤解し、さっさと結婚しろとあいこに迫るるりこ。

そして向後は、あいこと刈部がるりこの前で恋人同士のふりをするというミッションを思い付くのでした。

ネームに行き詰っていた刈部と、ただの居候だと姉にばれたらまずいあいこは、しぶしぶ向後の案を受け入れます。

しかし今のままでは偽の恋人同士だとばれると感じたあいこは、向後に姉を買い物に連れ出してもらい、その間に刈部と疑似恋愛の練習をすることにするのでした。

朝からたわいもないことで言い合いになるあいこと刈部が可愛いです。

そしてあいこの姉として、とても手ごわそうなるり子が登場して驚きました。

謎のストーカーが最初のミッションで付き合った早瀬だったことも衝撃的です。

恋人同士のふりをするあいこと刈部

そのころ向後はるりこから、あいことは父親の違う姉妹であることを知らされていました。

あいこの父は彼女が幼い時に亡くなり、仕事で忙しい母の代わりにるりこと祖母があいこを育てたのです。

一方、恋人同士のふりの練習に抵抗を示す刈部に、「銀天」に出てきたサカイという男性キャラになり切ってはどうかと提案するあいこ。

苦悩しながら自分の漫画を思い浮かべた刈部は、やがてパッと別の人格に切り替わります。

そしてさっきは逃げていたあいこのボディータッチにも、彼女の手を握り返して微笑むのでした。

思わずドキッとしたあいこは、次にハグの練習を提案するものの、それは断固拒否されます。

そのころあいこの行きつけの店にいた、るりこと向後。

るりこは、忙しい母に気を使ってきたあいこは人に甘えることができないと話します。

一方、刈部はすっかりサカイになりきり、あいこの方が戸惑うほどです。

刈部は、純が亡くなって気づいたが、「銀天」に出てくる男はみんなどこか純に似ていると言うのでした。

あいこは純について聞きたかったことがあると刈部に話しますが、時間がないと断られてしまいます。

そのころ刈部の家の前にいた可憐は、刈部まりあの担当の向後が帰ってきたことに驚きます。

そして優雅に挨拶し家に入ったるりこを、刈部まりあだと勘違いするのでした。

可憐は向後にまりあのことを問いただそうとするものの、ごまかされ逃げられてしまいます。

そして「まりあ様・・・」とせつなそうにしている可憐に、話したいことがあると言って早瀬が近づくのでした。

あいこと刈部は帰ってきたるりこの前で恋人同士のふりをし、刈部はるりこが今日は泊まると言い出しても、さわやかに承諾します。

嘘がばれないよう刈部にもたれかかるあいこに、微笑みかける刈部。

それを見て驚くレンですが、その後、刈部の部屋で事情を聞くと、二人はお似合いだったと言うのでした。

刈部がリビングに降りて行くと、あいことるりこが話しているのが聞こえます。

9年前に夫を亡くしたるりこは、再婚しなくても今は今で楽しいが、あいこがいい人と結婚してくれればもっと楽になれると言うのでした。

恋人同士の練習に真剣に取り組むあいこと、動揺しまくる刈部が面白かったです。

サカイになり切ってからの刈部の別人ぶりには驚きましたが、さわやかな笑顔が素敵でときめいてしまいました。

互いを心配しているるりことあいこは、とてもいい姉妹だと思います。

あいこを抱きしめる刈部

夕飯時、酒を飲んだるりこは酔っ払い、いつまでも寝る気配がありません。

二人でデートして来いとるりこに言われ、恋人のふりが限界になった刈部は、あいこを連れて外に出るのでした。

夜道を歩きながら、るりこが結婚話に本当に喜んでいたと刈部に礼を言うあいこ。

そして嘘でもいいのかと聞く刈部に、嘘じゃないと安心させてあげられないと答えて目を潤ませるのでした。

刈部はそんなあいこを思わず抱きしめます。

驚くあいこに、「ハグの練習だ。サカイだと思え」と言う刈部。

あいこは、彼の背中におずおずと手を回します。

その様子を偶然見ていた二階堂は、一緒にいた店員の由奈の手を引いて立ち去るのでした。

そして酔ったサラリーマンたちにカップルだと言われた刈部は、慌ててあいこから離れます。

二人が家に帰ると、るり子があいこの部屋でいびきをかいて寝ていました。

リビングのソファで寝ようとしたあいこですが、刈部が自分の部屋に入れてくれます。

机に向かう刈部の背中を見ながら、横になるあいこ。

すると刈部は、純について知りたいことがあるなら聞いてやってもいいと言い出します。

あいこは、刈部が恋愛をしないのは自分のせいだと純が言っていたと、向後から聞いた話をするのでした。

「もしかしてレン君のお母さんに関係が・・・」と言いかけたあいこですが、刈部に早く寝ろと言われてしまいます。

刈部は高校時代のことを思い出していました。

純から好きな子はいないのかと聞かれた刈部は、自分が描いた、たまに川原で見かける女の子の絵を見せたのです。

そのころレンは、純が大切にしていた刈部の描いた女の子の絵を眺め「もしかして・・・」と呟いていました。

そしてあいこは仕事をする刈部の背中を見ながら、幸せそうな笑みを浮かべているのでした。

翌朝になり、帰ることになったるりこ。

るりこから何か耳打ちされた刈部は固まってしまいます。

そして彼はあいこがるりこをバス停に送って行ったあと、一人考え込むのでした。

るりこはあいこに、二人が恋人同士ではないと気づいていたと明かします。

「あんたが人に甘えられているってことが嬉しい」と言うるりこ。

そして人生の相方は一緒にいるうちになっているものなのかも、と言ってバスで帰って行くのでした。

そのころレンは刈部に女の子の絵を見せ、この絵はあいこなのかと尋ねていました。

刈部が昔スケッチした女子高生の絵は、あいこにそっくりなのでした。

刈部がるりこから耳打ちされたのは「あいこを甘えさせてくれてありがとう」と言う言葉でした。

そして動揺した刈部は、あいこをよろしくと言われても、「はい」と答えるのが精一杯だったのでした。

涙ぐむあいこを抱きしめ、ハグの練習だと言う刈部にきゅんとしました。

リビングで寝ようとしているあいこを部屋に入れてあげる優しさも素敵です。

彼の背中を見ながら幸せそうにしているあいこに、微笑ましい気持ちになりました。

刈部が昔からあいこに想いを寄せていたらしいと分かりましたが、そんな彼が恋愛をしないと決めた理由が気になります。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました