【レッドアイズ 監視捜査班 第5話】ネタバレ・あらすじ・感想

元刑事と元犯罪者が監視カメラを駆使して捜査を進める本格サイバークライムサスペンス!

亀梨和也が主演を務める話題作です。

今回は『レッドアイズ 監視捜査班』第5話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

刑事を狙った爆破事件

由梨は鳥羽のカウンセリングを受け、自分の弱さを認めることが大事だと言われ納得します。

一方、蠣崎の事情聴衆をした響介は「あんたは俺と同類だ。」と挑発する彼に掴みかかってしまい、長久手に止められるのでした。

響介は由梨の妹・はるかから、蠣崎が何者かに「すべては先生の計画通りです。」という電話をしていたと聞かされます。

響介は由美子、山崎、小牧に自分たちが狙われていて一連の事件の黒幕は「先生」と呼ばれる人物であることを話すのでした。

さらに警察内部の誰かが、情報を流している可能性がありました。

由梨が無事に復帰してきた矢先、KSBCに爆破事件の一報が入ります。

被害者は神奈川県警の刑事・宇土であり、監視カメラには彼が野球帽にマスクの男から爆発物の入ったカバンを渡される様子が映っていました。

その後、2件目の爆発事件が起き、次は堅志田刑事が被害にあいます。

二人の刑事には何者かから「警察官とその未来」というタイトルのメールが届いていました。

その文面を見た山崎は、犯人は「ユナボマー事件」の模倣犯で、警察に恨みのある人物だと推理します。

一方、響介は小牧に、落ち着かない様子で席を立った文香のパソコンのデータを盗ませるのでした。

文香のパソコンの過去1時間の記録を見たところ、彼女は最初の現場に2台監視カメラがあったことに気づきながら、一台についての報告しかしていないと分かります。

さらに、もう一台のカメラの映像は消去されていたのです。

そこで文香の経歴を調べたところ、思いがけないことが分かるのでした。

青いコートの男・鳥羽が言葉巧みに由梨の心に入りこんで行く様子が恐ろしいです。

今までの犯人たちもカウンセリングをきっかけに彼に洗脳されたのかもしれません。

そして警察の中の内通者とは一体誰なのでしょうか?

犯人は文香なのか?

そのころ横浜市の某所で野球帽の男が爆弾を作っており、文香は更衣室からその男に電話をかけていました。

その時由美子が更衣室に入ってきて、文香は逃げ出します。

そして文香のロッカーを開けた由美子は、その鞄の中身を見て驚き、連絡を受けた響介が文香を追うのでした。

山崎は由梨に、今回の事件に文香が関わっていると説明します。

文香は11年前に拉致監禁事件に遭っており、今回の爆破事件の被害にあって死亡したのは彼女の事件を担当した3人の刑事のうちの2人でした。

そして文香の鞄の中からは、爆弾の起爆装置が見つかったのです。

やがて文香の事件のもう一人の担当刑事・長久手が文香から日本丸メモリアルパークに呼びだされます。

長久手と会った文香は「次はあなたの番です。」と告げるのでした。

その時、響介たちが文香の元にたどり着きます。

その時彼らの上にドローンが飛んできて、付けられていた爆弾が爆発します。

しかし響介や由美子のおかげで長久手も文香も無事でした。

文香は確保されますが、彼女が長久手を助けようとしたのを見た響介は、犯人ではないと考えます。

いつも真面目な文香が爆発事件を起こした男と連絡を取ろうとしているのが衝撃でした。

ドローンが長久手を狙う場面はまさに危機一髪で、ハラハラさせられます。

そして文香の様子を見た響介が、彼女は犯人ではないと断言してくれてホッとしました。

11年前の事件

響介から、実の妹のあんたにしか犯人を止められない、と告げられた文香は11年前の事件について話し出します。

早くに親を亡くした文香は兄に育てられました。

しかし高校1年生のある日、兄と喧嘩をして夜道を一人歩いていた文香は、男に誘拐されてしまったのです。

犯人は文香の携帯を使って兄に「彼氏と暮らす」というメールを送り、それを怪しんだ兄は警察に通報します。

しかし家出だと言われ、まともに取り合ってもらえませんでした。

そしてある日、兄が犯人のアパートを突き止め、文香を救い出してくれたのです。

彼はあらゆる施設の監視カメラを確認し、監禁場所を突き止めたのでした。

しかし文香を連れ出そうとした時に鉢合わせした犯人を思わず殴り殺し、逮捕されてしまったのです。

兄は警察を深く恨むようになりましたが、監視カメラによる捜査の重要性を感じた文香は警察官になる道を選びました。

兄はそんな彼女が許せず、二人の間には溝ができてしまったのです。

文香がもう一台の監視カメラの映像を消去したのは、マスクを外した兄の姿が映っていたからでした。

響介たちは文香の兄の家を訪ねます。

長久手は文香の事件の時に先輩たちに逆らえなかったことを悔やみ、自分が落とし前をつけたいと考えていました。

そして彼がドアをノックし、開けようとします。

しかしその時家の中の様子を見ていた響介が「罠だ!」と叫びます。

長久手がドアを開けた途端に爆発が起きますが、部下が助けたため長久手は無事でした。

響介と由美子は文香の兄・晋平が逃げるのを見つけて追いますが、青いブルゾンを着た男に殴り倒され、逃げられてしまいます。

11年前の事件のことを話す文香から、彼女がどれだけ怖かったか、兄に助けられた時どれほどホッとしたかが伝わってきて、胸が痛みました。

突然出てきた青いブルゾンの男が響介と由美子を一瞬で倒してしまったのには驚きました。

特殊な戦闘訓練を受けているらしい彼は一体何者なのでしょうか?

晋平と文香

やがて仕事に復帰した文香に、晋平からプレゼントがあると電話が入ります。

彼女がKSBCに届いていた郵便物を開けると爆弾が入っていました。

晋平は爆弾のタイマーを作動させ、テレビ電話にして室内の様子を見せろと言い出します。

そして10分以内に文香を残して全員逃げろ、一人でも残ったらすぐに起爆スイッチを押すと言うのでした。

由梨は響介に晋平を探すよう指示し、自分は現場に残ります。

そして晋平は文香に「全部お前のせいだ。」と言って責めるのでした。

文香は事件の恐怖を忘れたいあまり、いつの間にか兄を疎ましく思っていたと謝ります。

それを聞いて、文香を助けた時のことを思い出す晋平。

「ごめんなさい。助けに来てくれた時、本当にうれしかった。ありがとう。」という文香の涙ながらの言葉に、晋平も涙を流します。

しかし、もう後には戻れない、と起爆スイッチを押そうとするのでした。

そこに響介が飛び込んできます。

彼は晋平と文香の会話から、彼が警察署の屋上にいると気づいたのです。

響介は晋平を確保すると解除スイッチを押し、爆弾を止めるのでした。

晋平は連行され、そこにあらわれた長久手が彼と文香の人生を狂わせたことを謝罪します。

由梨は文香から退職願いを渡されますが、あなたがすべきことはお兄さんみたいな人を二度と産まないこと、と言ってそれを返します。

そして晋平のメールを解析した小牧は、彼が「先生」という男とやり取りをしていると気づくのでした。

そのメールの発信先の住所を聞いた響介は、そこにあるログハウスを訪ねます。

そのころ鳥羽は、Mという人物から「奴が来ました。」というメールを受け取り、響介が映る監視カメラを見ていました。

そして響介は再び現れた青いブルゾンを着た男に殴り倒され、気を失ってしまうのでした。

文香が泣きながら晋平に語り掛け、晋平も泣きながら爆弾を解除するか否か苦悩する場面には、胸を打たれました。

本当は妹想いだった兄を操った鳥羽が許せません。

響介はついに鳥羽のメールの発信先にまでたどり着きましたが、罠にかけられてしまったのでしょうか。

彼がどうなってしまうのか、次回も見逃せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました