【レッドアイズ 監視捜査班 第2話】ネタバレ・あらすじ・感想

元刑事と元犯罪者が監視カメラを駆使して捜査を進める本格サイバークライムサスペンス!

亀梨和也が主演を務める話題作です。

今回は『レッドアイズ 監視捜査班』第2話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

KSBCへ送られた殺人動画

伏見響介と彼の仲間の捜査員たちはKSBCの正式な捜査員として働くことになりました。

そして、KSBCに今朝人を二人殺したと言う男から電話が入り、森林の中で男女が黒い袋をかぶった男に襲われている動画が送られてきます。

男は横浜の山手森林公園に遺体を捨てると言い、山手公園の監視カメラには黒い袋をかぶった人物が映っていました。

そしてKSBCの監視システムで俺を捕まえてみろと、挑戦的な態度を取る犯人。

直後に監視カメラの映像は途絶え、現場に向かった響介と湊川由美子が倒れている男女を発見します。

女性は死んでいましたが男性は脈があり、救急車で運ばれるのでした。

そして響介は、女性のコートのポケットの中の手帳に、謎の文字が書いてあるのに気付きます。

黒い袋をかぶった男が怯える男女を襲う映像が怖すぎました。

青いコートの男のところにも同じ映像が送られていたので、何か裏がありそうです。

犯人の異常で挑戦的な態度には怒りを覚えます。

手帳だけでペンがないことから、これが死んだ女性のものではないと気づいた響介がさすがでした。

犯人の目的とは?

手帳の謎の文字を見た小牧要は、ロット13という暗号だと言って簡単に解いてしまいます。

それは犯人からのメッセージで、自分は人を殺すのが好きだと語り、今日の16時までにこの犯行声明文を大手新聞社のサイトに掲載しろと書かれていました。

山崎辰三郎は、犯人が海外の連続殺人犯・ゾディアックの模倣をしていると気づき、要求を無視するとまた誰か殺されると言うのでした。

しかしKSBCセンター長の島原由梨は犯罪が明らかになると模倣犯が出ると、声明文の記載はしないと決めます。

そして捜査員たちに16時までの犯人確保を指示するのでした。

病院に行った響介と由美子は意識の戻った被害者の男性・蠣崎に会います。

彼はプロポーズを考えていた恋人を救えなかったことに涙するのでした。蠣崎に同情した響介は美保のことを思い出して怒りを覚えます。

そのころまた別の男性を誘拐した犯人は、彼をバットで殴るなどしていたぶっていました。

そして再びKSBCに電話をし、プレゼントだと言って謎の設計図をメールで送りつけるのでした。

犯人と会話をした山崎は、彼の目的は人殺しや自分を世間に知らしめることではなく、他にあるのではと考えます。

一方、蠣崎は犯人が赤いバイクで去ったと証言していました。そして監視カメラの映像から、犯人が金沢の廃ビルに入ったと分かります。

響介は息子との面会日だった由美子に先に帰るよう指示し、一人で廃ビルに向かいます。

一方、病院の医師から蠣崎の手術の経過報告書を預かった由美子は、あることに気が付くのでした。

16時までに犯人確保という期限があるので、とてもハラハラさせられました。

響介の仲間である山崎・小牧の活躍もカッコいいですが、元からのKSBCの捜査員・長篠がしらみつぶしの作業を続け、赤いバイクの映像を見つけたのも良かったです。

自分と似た境遇の蠣崎に心を痛めたり、由美子が息子と会う日だからと危険な任務の前に帰らせる響介は、優しくて人の痛みが分かる男性だと思います。

廃ビルでの犯人との死闘

捜査一課と合流した響介は彼らと廃ビルに入り、凶器と思われるナイフを見つけます。

その時、ビルの中にシャンシャンという音が鳴り響くのでした。

音を追って行った響介たちは、その出どころの部屋に飛び込みます。

そこにはシンバルを叩く猿のおもちゃが置かれ、背中には爆弾がセットされていました。

爆発の前に部屋を飛び出し何とか無事だった響介たちは、男が逃げだすのを見ます。

そして響介は屋上からロープで逃げようとしていた犯人・漆川と乱闘になり、首を絞められながらも反撃し、彼を逮捕するのでした。

なんとか16時までに犯人を確保できたのです。

そして小牧の調べにより、漆川の送ってきた設計図が5年前の爆破事件に使われた爆弾の設計図だと分かります。

それは猿のおもちゃについていた爆弾のものでもありました。

一方そのころ、外出中の島原の妹・はるかを、青いコートの男が見つめていました。

由美子は響介に電話をし、診断書によると蠣崎の傷が彼の証言と矛盾していると伝えます。

蠣崎の傷は自分で刺してつけたものだと気づいた響介。

しかしその時、由美子は蠣崎にスタンガンで気絶させられてしまいます。

ビルの中で鳴り続けるシャンシャンという音と、その先にいた猿の人形がとても不気味でした。

犯人と響介の格闘シーンでの、亀梨和也さんのアクションがとても格好良かったです。

響介がビルに入る前から犯人が屋上から逃げると目星をつけていたのにも感心しました。

そして16時前に犯人を確保してホッとしたところで、実は蠣崎が絡んでいたと判明したのには驚かされました。

蠣崎の恐ろしい本性

蠣崎は由美子のスマホから響介に、「これはお前の弱さが招いた失態だ。」と言い、恋人を失った話に同情したことをあざ笑うのでした。

電話が切られた後、響介は怒りに叫び、壁を殴りつけます。

由美子は蠣崎に誘拐されてしまい、KSBCは病院周辺の監視カメラの映像をしらみつぶしに調べます。

そして響介がKSBCに戻ると、蠣崎の映った映像が画面に映し出されていました。

蠣崎はカメラに向かい、犯行声明文を記載しなかったから新たな犠牲者が必要だと言うと、足元の黒い袋をバットで叩きのめします。

中にいるのは由美子かと思われましたが、出てきたのは漆川に誘拐された男性でした。

蠣崎は、20時までに警察の失態で新たな犠牲者が出たことを発表しろと言います。

そうしないと次はこの女だ、と気を失った由美子と、猿のおもちゃを映し出すのでした。

そして「助けたければ原点に返れ。」と言い、裏ピースサインをします。

青いコートを着ている蠣崎を見て、響介は「殺してやる。」と呟くのでした。

響介が怒りのあまり壁を殴りつけた場面と、そのあとの彼の目の凄みが印象的でした。

漆川が誘拐した男性や猿の人形が出てきたことから、今回の事件の真犯人は蠣崎だったようです。

「原点に返れ。」という言葉の意味が気になります。

美保を殺した青いコートを着た男も彼なのでしょうか?次回が今から待ちきれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました