【俺の家の話第7話】ネタバレ・あらすじ・感想

主演を長瀬智也、脚本を宮藤官九郎が担当するTBSドラマでは11年ぶりの強力タッグでお送りする濃厚ホームドラマです。

今回は、『俺の家の話』第7話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

寿一さんが離婚した原因

いろいろあった家族旅行で仲良くなり、一つにまとまった観山家。

旅行が終わってすぐに寿三郎さんはリハビリを再開し、嫌がっていたデイサービスにも週2回通うようになります。

稽古場では寿三郎さんに代わって寿限無さんが、体験入門の弟子に稽古をつけています。

平和でやることがなくなった寿一さん。

SNSでエゴサーチすると、ネットではもう覆面レスラー『世阿弥マシーン』の正体が『ブリザード寿』、つまり寿一さんだとバレ始めています。

そこへさくらさんが現れ、踊介さんからプロポーズされそうだと言います。

さくらさんは寿一さんに告白していますが、寿一さんからの応えはまだ貰っていません。

だから踊介さんに何と言って断ったらいいか分からないと、寿一さんは返事を急かされます。

とりあえず寿一さんは、

「世阿弥マシーンの正体は、私です」

と認めますが、さくらさんはそのことをとっくに知っています。

寿一さんは息子の秀生さんの親権をめぐり、元妻のユカさんと協議している最中です。

学習障害を克服するための能の稽古で、秀生さんは才能を開花させました。いずれ観山流を継ぐためにも観山家に籍を置いたほうがいいのではないかと寿一さんは考え、ユカさんもその方が良いと最初は思っていたようですが、再婚相手の早川さんが秀生さんの「パパになりたい」と言い出したため、弁護士を交えて揉めているのです。

寿一さんは弁護士の踊介さんと一緒に、ユカさんと、早川さんの代理人の弁護士の玉川さんに会います。

玉川さんに、これまでの経緯の確認をするため、寿一さんとユカさんはその馴れ初めから話し始めます。

しかし、離婚の原因について話す際、お互いの認識に齟齬があったことが分かります。

寿一さんの方は、

「私が、家庭を顧みなかったからだと、認識しています」

それは寿一さんがプロレスラーだった頃、単身アメリカに渡ってから、離婚までの2年半、生活費を振り込むだけで一切の連絡を断っていたことを指しています。

「退路を断って、自分を追い込む必要がありました。年齢的にも、最後のチャンスでしたので……」

と寿一さんは説明しますが、

「2年半の音沙汰無しって、ネグレクトじゃないかと思うんですけど。そんな過去のある人が、また同じ過ちを繰り返さない保証はあるのかなって思っちゃうんですけど」

リモートで話し合いに参加している早川さんは、鬼の首を取ったように言います。

「ちゃうよ、寿一くん、やっぱり何も分かってへんな。家庭を顧みない? そんなの1ミリも気にしたことないわ」

ユカさんは自分が離婚を決めた原因は、そこではないと言います。

「むしろ顧みんといて欲しかったわ。あんな野獣みたいな目で……恐いねん、家にいるとき、張りつめるねん、空気が。分かってる? 殺気放ってんねん。大阪城ホールちゃうよ、うちは。2LDKの分譲マンション。持ち込まんとって、殺気」

「ごめん……」

と自分の認識の甘さに謝るしかない寿一さん。

「退路を断つ? 逆やん。家族と向き合うのが嫌でプロレスに逃げたんちゃうん? 今さら親権くれって虫が良すぎるわ……もう秀生には会わんとって。能の稽古も辞めさせます」

とユカさんは席を立ち、自分が離婚を決めたのは、寿一さんが「アメリカに行ったからではなく、アメリカから帰ってきたから」だと、重い一言を残して去っていきます。

物盗られ妄想

寿三郎さんは旅行中、昔の恋人に100万円ぐらいする高価な能面をプレゼントしまくっていましたが、そのことを忘れたのか、誰かに盗まれたと言うようになっています。

寿限無さんは、寿三郎さん自らがSNSに投稿したインスタの写真などを見せて、盗まれたんじゃなくてプレゼントしてしまったのだと説明しますが、覚えてない、泥棒に入られたんだと言って、寿三郎さんは信じません。

家にある他の能面も次々となくなっていて、

「この間の調子であげまくってるんじゃないかな、そこらの女に……」

寿限無さんはそう寿一さんに相談します。

「物盗られ妄想かもしれません。認知症の症状の一つです」

とケアマネージャーの末広さんは言います。

「物忘れや自分の過失を認めたくないから、盗まれたってストーリーを作って、被害者という安全なスタンスを取ろうとする」

「防衛本能ですかね?」

と寿限無さんは言います。寿三郎さんはもう2年も舞台に立っていません。

「その間、自尊心が絶え間なく傷ついている。面や装束を見ると、若くて元気だった自分を否応なく思い出してしまう。だから、忘れたい……」

寿三郎さんは検査入院を勧められても、「どこも悪くないんだけどね……」と納得いかない様子。そして、寿一さんにこっそり、

「寿限無がな、面を持ち出しやがったんだよ。問い詰めたらさ、俺が、昔の女にプレゼントしたって言うんだよ。ご丁寧に証拠写真まで捏造しやがってよ」

と、面を盗んだのは寿限無さんだと言い出します。

寿三郎さんを慕い、能の稽古を楽しみにしている秀生さんから、どうして行っちゃいけないのかとSNSで訊かれ、寿一さんは頭を悩ませます。寿三郎さんが秀生さんのことを覚えていられる時間も、そんなに長くないかもしれません。

「人を、幸せにする自信がないんです」

と寿一さんはさくらさんに告白の返事をします。この間の話し合いで、ユカさんに「恐い」と言われたことをずっと気にしていました。

「また、自覚もなく、大切な人を不幸にしてしまう。殺気を放ってしまう。だからさくらさんの気持ちには応えられません」

「ますます好きになりました。だから放ってください、殺気。思う存分。ここ、大阪城ホールだと思って」

とさくらさんは言います。

すべて忘れてしまう前に

深夜、侵入者の気配がし、寿一さんが捕まえます。

それは泥棒でした。

寿三郎さんの被害妄想ではなく、体験入門の弟子を装って高価な面や装束を盗み出していた男が実際にいたのです。

寿一さんたちは喜び、疑って悪かったと寿三郎さんに謝りますが、検査入院の結果は、「要介護2」と思わしくないようです。

「この先、記憶と認知は薄れていく可能性が高いので、ハッキリしているうちに、先々のことを話し合われたほうが……」

と主治医の先生からも言われます。そして、要介護3になったら、施設への入所を検討すべきだとも。

これから寿三郎さんの記憶はどんどん薄れていく……秀生さんに稽古をつけることもできなくなるし、秀生さんや他の家族に会っても誰か分からなくなる日が、近い将来に迫っていると寿一さんは感じます。

秀生さんの親権についての協議がリモートで行われています。

「親父の認知症がさ、進行してるんだ、本人、ぜんぜん自覚ないんだけど……」

と寿一さんはどこかに向かって移動しながら話しています。

「秀生の将来のこととか、そんな悠長なこと言ってられなくなった。会いたいときに、会わせてやりたいっつうか……1分1秒でも、一緒に居させてやりたいっつうか……」

ユカさんの家のインターフォンが鳴り、寿一さんが家まで来ています。

ドアを開けると、寿一さんが部屋に入ってきて、

「つうか今なんだよ。将来とか知らねえし。親権とかいらねえわ。今、会いてえの、親父。会わしてやりてえの」

と寿一さんはユカさんに土下座します。

「頼む。この通り。俺が、家庭を顧みなかったこと、いや、顧みなくていいのに、顧みたこととか、殺気とか、償います。後で必ず。だから今だけ、せめて、親父が死ぬまでは、稽古を続けさせてやってください。お願いします」

「うちも、この間、ちょっとイラっときて、言い過ぎた、ごめん……」

とユカさんも謝ります。そして、

「ええよ、どっちでも。本人がやりたい、言うなら」

と認めてくれます。

秀生さんを迎えに行った寿一さんは、学校で参観日に秀生さんが書いたという作文を目にします。

「考えてみたら、お父さんがプロレスラーのときに、僕はプロレスラーに憧れ、お父さんが能を始めたら、僕も能をやってみたくなったので、要するに、僕は、お父さんみたいになりたいんだと思います」

それを読んで、寿一さんは目頭が熱くなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました