【ネメシス】第5話ネタバレ・あらすじ・感想|父の願いに花束を

『ネメシス』は、ポンコツ探偵と天才すぎる助手が、超難解な事件を次々に解決していくミステリーエンターテイメントです。

ポンコツ探偵を櫻井翔が演じ、天才すぎる助手を広瀬すずが演じる豪華キャストになっています。

今回は、『ネメシス』第5話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『ネメシス』第5話あらすじ

放送日:2021年5月9日

エリート女子高の美術教師転落死の真相を、鮮やかに暴いてみせた【探偵事務所ネメシス】。

ある日、真剣な顔でニュース番組を凝視するネメシスの名探偵?=風真尚希(櫻井翔)。

TV画面にはジャーナリストの神田凪沙(真木よう子/神田水帆と2役)の姿が。

天才助手の美神アンナ(広瀬すず)に、「もしかしてこういう女性が好み?」と茶化されても珍しく相手にしない風真。

その時アンナが偏愛する謎の料理店“Dr.ハオツー”の料理人=リュウ楊一(加藤諒)が浮かない顔でやって来る。

社長の栗田一秋(江口洋介)にうながされリュウが話し出したのは、ざっと以下の通り。

【天狗伝説】で有名な山奥で”天狗サーモン”という鮭の養殖業を営む天久潮(渡辺哲)が、泥酔して崖から転落死する事件が起きた。

週刊誌は「天狗の祟り!」とあおり、自殺をほのめかす記事を掲載するが、リュウは社長が転落死する前日に偶然会っていた。

その時の社長は離れて暮らしていた3人の息子たち=長男の一魚(野間口徹)、次男の二魚(大鶴佐助)、三男の三魚(堀家一希)が家業を継ぐために戻って来たことを心底喜んでおり、自殺するはずがないという。

栗田は3人の息子のうちの1人の経歴に目をとめ、依頼を快諾。

早速真相を探るべく山奥の養殖場に向かうネメシスの3人&リュウだったが、そこで彼らを待っていたのは不気味な潮の家族達だった。

3人の息子に加え、潮の義弟=天久洋(渋川清彦)に、潮の後妻=郁子(ともさかりえ)…保険金、土地の利権、相続、と何かといがみ合ってばかりの家族達…全員が怪しい。

風真は失踪中のアンナの父=始(仲村トオル)の同僚の大和猛流(石黒賢)にアドバイスを仰ぎながら、順調に捜査を続けていく。

そんなネメシス一行の様子をじっと観察し続けるのは……天狗!?突如、風真の命が狙われる緊迫の展開に!

一方、アンナの父の行方を求め、栗田が密かに追う菅研究所=通称・カンケンにも新たな動きが…

そして、19年前の事故現場(2話)に、なぜか凪沙が現れるのだった…

謎が謎を呼ぶ波乱の第5話!

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『ネメシス』第5話ネタバレ・感想

天狗サーモンで転落死

風真尚希(櫻井翔)がTVを凝視しています。

映っているのはジャーナリストの神田凪沙(真木よう子)。

その時、美神アンナ(広瀬すず)の頻繁に注文している料理店の店長・コックのリュウ揚一(加藤諒)が事件の真相解明の依頼にネメシスにやってきました。

お世話になっているブランド養殖魚「天狗サーモン」を養殖する、天久潮(渡辺哲)が不慮の転落死。

メディアは養殖所が天狗伝説がある山にあることから「天狗の祟り」「自殺」と報道。

死の前日に会っていたリュウは、自殺はありえないと断言し、真相を解明してほしいと依頼します。

社長の潮の離れて暮らしていた3人の息子、長男の一魚(野間口徹)、次男の二魚(大鶴佐助)、三男の三魚(堀家一希)が家業を継ぎに戻ってきたことを喜んでいて、自殺する理由がないと言います。

栗田一秋(江口洋介)は3人の息子の内の1人の経歴に菅容子とつながるかもとひっかかりを覚え、アンナ、風真と一緒に天久養殖へ調査に向かいます。

事件発生で調査開始、今回は養殖場です。今まで数々のアンナ好みの料理を作っていたリュウが登場します。明らかに一癖ありそうな人物ですが、どのように事件に絡んでくるのでしょうか。期待が高まります。

さらなる事件発生

ネメシスの3人とリュウが天久養殖所へ調査に向かい、転落現場を確認。

タカ&ユージに電話をし警察の捜査結果を聞くと、事件の日に大量の酒を飲んでいた潮が過失で転落した事故とのことでした。

3人の息子と、潮の前妻の弟の洋(渋川清彦)、潮の後妻の郁子(ともさかりえ)のそれぞれに話を聞くことにしました。

三魚は借金取りから逃げ帰り養殖場を手伝い、二魚は潮の資産を管理し、ファンドを運営したいと目論見、一魚は天狗サーモンを養殖して養殖所を大きくすることを考えていました。

それぞれに怪しい点があります。

しかも潮には郁子が生命保険をかけていたことを洋が暴露します。

保険に入った直後に潮に癌が見つかり、息子達には話すなと潮に言われたと郁子は栗田達だけに話します。

保険の受取人は郁子の名義になっていました。

養殖所の裏にあるコンクリートで出来た建物は何かとアンナに聞かれ、今は使用されていない物置と答えましたが、ゲノムとか兄貴が怒鳴る声を聞いたことがあると、洋は語りました。

ネメシス達はその建物が怪しいと思い、リュウが中国雑技団にいたほどの得意の身のこなしで、建物の窓から内部の写真を撮りました。

内部の写真に写っていた立体顕微鏡が気になった風真は、大和猛流(石黒賢)に連絡します。

遺伝子研究用の立体顕微鏡だとの返事にやはりと納得する風真。

大和は「教授はまだ見つからないのか」尋ねます。

栗田が腰を痛めて帰りますが、洋が風真達にとどまって調査を続行してほしいと依頼し、郁子もそれに賛同して泊まり込むことになります。

郁子に提供されたキャンピングカーで眠り込む風真とリュウ。

いつの間にかキャンピングカーごと牽引され、崖へとまっすぐ向かっているのでした。

気づいたアンナがタイヤに網をひっかけて引っ張り、チャンが天井からでて牽引車の運転席でブレーキをかけ、なんとかキャンピングカーを止めることが出来ました。

茂みから天狗のお面をかぶった人物が見えたので、慌てて追いかける3人。

キャンプ場の事務所で首を吊った洋と、『兄は自分が殺した』と遺書が置いてあったのでした。

第二の事件発生です。

意外な人物が亡くなってしまいました。

犯人は洋ではないということでしょうか。

リュウの抜群の身のこなしも見事でしたが、死なずに済んでいる風真の悪運の強さは流石です。

謎解き

風真の謎解きが始まります。

遺体で発見された洋さんの手は墨で黒く汚れていました。

しかし遺書は真っ白でした。遺書は偽造されているということです。

自分たちは薬を飲まされ深く眠らされて崖から落とされた、つまり食事に薬を入れられていたのではないかと。

それは一魚さんが作ったシチュー。

自分たちの分だけ器の色が違っていました。

裏の小屋の中を映した写真にはは遺伝子研究用の顕微鏡が映っていました。

それを使うのは遺伝子工学の博士号を持つ一魚しかいない。

そのことに気づかれるのを恐れて、自分たちを殺そうとしたのではないでしょうか。

なおも「違う」という一魚に、風真は徹底的な一言を告げます。

犯人は『天狗のお面』をかぶっていたと話しましたが、一魚だけ『天狗のマスク』と言いました。

数々の『天狗のお面』が飾られているここで、犯人が使用したのがマスクだと知っているのは犯人しかいないことを。

一魚は観念して自供します。

あの小屋で『ゲノム編集(遺伝子をピンポイントで編集すること)による魚の品種改良』をしていたこと。

短期間で肉厚に育つ鮭を育てる研究をしていましたが、ある日潮がやってきて口論になったことを話します。

「黙っていれば短期間で育つ鮭を沢山出荷することができる」
「黙っていれば? 出ていけ」

潮と口論になっている間に、足を滑らせて落ちてしまいました。

その後、洋から潮に研究小屋のことを伝えたのは洋だったと明かされます。
「仕事でおやじに恩返ししたかっただけなのに……」

一魚が嘆きます。

郁子が一魚に伝えます。

「潮さんは一魚さんのことを認めていました。私が預かっていた土地の権利書と手紙です。『母さんのこと仕事のこと再婚のこと。みんなに心配をかけた。土地は魚を大事にしてくれる一魚に』兄弟がそれぞれお互いのことを思いやっていたら三等分して欲しいと」

風真は、一魚に減刑されるよう自分から自首するようにすすめました。

事件解決ですね。

潮の死は事故だったと分かりましたが、悲しい事件でしたね。

この後の養殖場がどうなるのか気になりますが、兄弟が力を合わせて盛り返すことを期待したいです。

解決後

一魚の部屋にあった遺伝子工学用の顕微鏡の写真を栗田に見せる風真。

「個人でもこれだけ集められるのか」

風真は、一魚に菅容子を知っているかを尋ねると、「大学院を出る時に研究室に来ないかと誘われた」と話したことを栗田に伝えます。

カンケン(菅研究所)という遺伝子研究所への誘いで、魚の研究も出来るからと。

ただ、そこで働くなら宿舎も外出も制限されるということだったので、いずれ親の所へ戻るつもりだったので断ったと答えます。

そして、「最近同じことを聞きに来た女性が居た」と一魚は話しました。

また一歩近づいたとする栗田と風真。

そして。19年前の事件があった現場に、花を手向けている神田凪沙の姿がありました。

いよいよ解決です。また新たな人物、神田凪沙が現れました。

しかも、神田水帆と苗字が同じで顔もそっくりです。

次回から登場するのでしょうか。

楽しみです。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました