【大豆田とわ子と三人の元夫】第6話ネタバレ・あらすじ・感想|第一章完結・全員集合地獄の餃子パーティー

『大豆田とわ子と三人の元夫』は、三度の離婚を経験し、今もなお三人の元夫たちに振り回されている大豆田とわ子を描く、フジテレビオリジナルドラマです。

大豆田とわ子を松たか子が演じ、三人の元夫たちを岡田将生・角田晃広・松田龍平の三人が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『大豆田とわ子と三人の元夫』第6話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

【大豆田とわ子と三人の元夫】第6話あらすじ

放送日:2021年5月18日

誕生日当日の夜、取引先の説得に向かったとわ子(松たか子)との連絡が途絶えた。とわ子の誕生日を祝うため、オペレッタに集まっていた八作(松田龍平)、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は彼女の身を案じるが、そこへ早良(石橋静河)、美怜(瀧内公美)、翼(石橋菜津美)が偶然来店し、さながら合コンのような飲み会が始まる。

さらに、元義父の旺介(岩松了)から半ば強引に呼び出された八作たちは、とわ子のマンションへ。早々に酔いつぶれて寝てしまった旺介をよそに、主不在の部屋で、なぜかギョーウザを作り始めることになった元夫たち。その傍らで、女性陣はそれぞれの恋愛の愚痴で意気投合し始める。しかも、名前こそ出さないものの話題は明らかに八作、鹿太郎、慎森のことで、3人は動揺を隠せず…。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

【大豆田とわ子と三人の元夫】第6話ネタバレ・感想

主役のいない誕生パーティー

とわ子さんの誕生日。

サプライズパーティーをする予定だったレストラン『オペレッタ』に、とわ子さんの姿はなく、代わりに元夫たちと関係のある女性たちが集まってしまいます。

早良さんは八作さんの親友と付き合っていたのに、八作さんの方を好きになってしまい、断られてもアプローチし続けています。
美怜さんは不倫相手と瓜二つの鹿太郎さんを、最初は利用するために近づいていましたが、その不倫相手との関係が上手くいかず、鹿太郎さんに惹かれています。
翼さんは弁護士の慎森さんに近づき、派遣切りされた会社をパワハラで訴えたいと言っていましたが、それは嘘で、本当は慎森さんが住んでいるビジネスホテルの従業員でした。

6人は一緒に飲むことになりますが、お互いに誰か分からず乾杯するのは気持ち悪いからと、自己紹介することになります。

3人の元夫たちの元妻だったとわ子さんがどんな人なのか、3人の女性たちは興味を示します。

「この人たちと結婚した人でしょ? 絶対普通じゃないよね」

そして、誕生日に連絡が取れないのは、

美怜「普通に考えて、連絡が取れないっていうのは……」

早良「他の人と一緒にいるんだよ」

美怜「そうだね。お泊りだね」

と決めつけられ、元夫たちは動揺します。

そこへ、慎森さんのスマホに、とわ子さんの父の旺介さんから電話がきて、餃子パーティーに誘われ、6人でとわ子さんの家に行くことに。

地獄の餃子パーティー

家にはとわ子さんも唄さんもいなくて、旺介さんだけがいましたが、やがてその旺介さんも眠ってしまいます。
3人の元夫たちが餃子を包んで盛り上がっている間、3人の女性たちは餃子そっちのけで、リビングのソファで談笑しています。

美怜「男を見る目と、恋愛感情は敵対関係にある」

という話の流れから、

翼 「私、東京来てからずっとホテルで清掃の仕事してるんですけど、2年前から、毎日顔を合わせてるお客様がいらして、その度に挨拶してきたのに、一度も返事してもらったことないんですよね。でも私、いつの間にかその人のこと好きになってて、最近、初めて外で会ったんですけど、その人、私の顔、まったく覚えてなかったんですよね」

と慎森さんの名前を出さずに、慎森さんのことを他の女性たちに話します。

「酷いね、その客」

「2年も会ってたのに、最悪だね」

と共感する女性たちに、

「ただ顔を覚えてなかっただけですよ」

と慎森さんは自分を守るための異論を投げかけますが、

「一番酷いよ。人から透明人間にされることほど悲しいことはないから」

「その人はきっと、自分だけが好きなんだろうね」

などとバッサリ切られ、包んでいた餃子が乱れます。

同じように、鹿太郎さんも美怜さんから、

「でも私も人を見る目ないのかも。最近もさ、この人なら新しい恋ができるかもって思ったんだけど、間違ったみたい。パッと見、優しい人で、いつもデレデレしてくれるから、この人いいかもって振り向いた途端、いやいや僕なんかって、急に距離置いてきたんだよね」

とやはり名前は出さず、話題にされます。

「そういう人って誰でもいい人なんですよ。普段モテない人って、ちょっと構ってもらっただけで、妄想膨らむじゃないですか」

「分かる。でも妄想しかないから、相手が実体化した途端、逃げるんだよね」

「そういう人がしたいのは恋愛じゃなくて恋愛ごっこなんですよ」

などと女性たちから言いたい放題言われ、

「その人はロマンチストなんじゃないですかね」

と鹿太郎さんも必死で自分を擁護しようとしますが、

「ロマンチスト最悪。そういう人ってロマンはご飯だと思ってるんですよ。でもロマンはスパイスなんですよね。主食じゃないんだな」

一刀両断され、包んでいる餃子がグチャグチャになります。

そして八作さんも、早良さんから、

「ちょっと余裕があって、一緒にいて楽な人っているでしょ。しかもこっちの話を何時間でも口を挟まずに聞ける人。そういう人って、こっちのことをただ面倒臭がってるだけなんだなって。その人が優しいのは、優しくしておけば、面倒臭くないからなんだよ。一緒にいて楽しいのは、その人にとって人間関係はサービスでしかないから」

と言われ、餃子に具を入れるのを忘れます。

各々の言い分を主張する元夫たちですが、それは女性たちには都合の良い言い訳にしか聞こえず、

「じゃあ聞くけどさ、あなたがもし、もう一人いたら、その人のことどう思う?」

「自分と付き合いたいと思います?」

「あなたはあなたと、付き合いたいと思う? 想像してみて。自分と付き合ってる自分を」

そう女性たちに問われ、元夫たちは黙ってしまいます。

小さな別れと、大きな別れ

餃子が完成して盛り上がる女性たちとは対照的に、いろいろ言われて落ち込んでしまっている元夫たちは、キッチンの隅っこで慰め合っています。
三人とも、今までとわ子さんからそういう自分の欠点を指摘されたことがなかったといいます。

慎森「僕たちは大豆田とわ子に甘えてたんです。このままじゃいけないと思います。もっと相手と向き合うべきなんじゃないでしょうか」

彼女たちの思いを受け入れるべきではないかと、反省します。
女性たちの方も、

「私たちも私たちだよね」

「わがままだったよね」

「反省してます」

と謝り、それぞれの元夫たちの好きだった点を挙げていきます。

餃子パーティーが終わり、元夫たちはそれぞれの女性を送っていくことになります。鹿太郎さんも慎森さんも、これからちゃんと向き合っていこうとしていましたが、

早良「もう遅いよ。どこが好きだったかを教えるときは、もうその恋を片付けるって決めたときだよ。せっかく自分だけが見つけた秘密だったんだから」

その言葉通り、鹿太郎さんも慎森さんも、そして八作さんも、フラれます。

一方、とわ子さんが臨んでいた社長同士の話し合いは決裂し、契約は白紙になってしまったと、『しろくまハウジング』の社員たちは大騒ぎになっています。

さらに、連絡を受けた八作さんが、病院に駆けつけると、消沈した唄さんと、とわ子さんがいます。
かごめさんが亡くなったのです。

とわ子「一人で死んじゃったよ。一人で死なせちゃったよ」

とわ子さんはかごめさんのお葬式の後、そのまま会社へ行って家に帰り、かごめさんが遺した漫画を読んで、少し涙ぐみます。

1年後。
公園でラジオ体操をしているとわ子さんは、男性と目が合い、新たな出会いの予感がします。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました