【大豆田とわ子と三人の元夫】第5話ネタバレ・あらすじ・感想|前編完結へ~三度目のプロポーズ

『大豆田とわ子と三人の元夫』は、三度の離婚を経験し、今もなお三人の元夫たちに振り回されている大豆田とわ子を描く、フジテレビオリジナルドラマです。

大豆田とわ子を松たか子が演じ、三人の元夫たちを岡田将生・角田晃広・松田龍平の三人が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『大豆田とわ子と三人の元夫』第5話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

【大豆田とわ子と三人の元夫】第5話あらすじ

放送日:2021年5月11日

とわ子(松たか子)の誕生日が近づくある日、唄(豊嶋花)が開業医の息子である彼氏と18歳になったら結婚することを宣言し、とわ子を困惑させる。後日、かごめ(市川実日子)に相談してみたものの、いつしか話題は八作(松田龍平)との離婚のことに。「わたしも意地張ってたし、若さ故だね」と当時を振り返りながら、とわ子が語った離婚の原因とは?

しろくまハウジングでは、話題のイベント会社からアートイベントの仕事が舞い込み、普段の住宅設計とはひと味違う華やかな仕事に社内は盛り上がりを見せていた。先方の社長・門谷(谷中敦)は、とわ子と同じ“バツ3”ということで、互いの離婚歴や結婚観で意気投合する。そんな中、とわ子は自分のバースデーサプライズを社員たちが準備していることに感づいてしまう…。余計なことを知ってしまい仕事に手がつかないとわ子だったが、追い打ちをかけるように、突然門谷からプロポーズをされて大きく動揺する。

その晩、唄からそのことを聞いた八作、鹿太郎(角田晃広)、慎森(岡田将生)は、3人そろってとわ子のマンションへ。四度目の結婚を阻止すべく、珍しくタッグを組んで必死の説得を試みる鹿太郎と慎森を横目に、八作はとわ子にあるプレゼントを差し出す。

ところが後日、このプレゼントがきっかけで、とわ子は八作が心に秘めていた思いを知ることになり…。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

【大豆田とわ子と三人の元夫】第5話ネタバレ・感想

四度目の結婚

とわ子さんの娘の唄さんは、もともと医者になるのを目指して勉強を頑張っていましたが、最近はそれを諦め、医者になる予定の人と結婚して三年後に家を出ると言っています。

とわ子さんは親友のかごめさんに誘われて海へ来ます。

そこで最初に別れた元夫の八作さんの話になります。

「私にも原因がある。この人には他に好きな人がいるんだって、分かったから。忘れられない人がいるんだなって分かったから、家から追い出したんだよ。彼の何も言わないところを好きになって、何も言わないところに辛くなって、私も意地張ってたし、若さゆえだね」

それが八作さんと離婚した原因なのだといいます。

その八作さんのレストラン『オペレッタ』に、八作さんの娘でもある唄さんが遊びに来て、眠ってしまいます。

眠った唄さんをオンブして、八作さんはとわ子さんの家に来ます。

そこで絵を描くのに夢中になっているかごめさんの靴下に穴が空いているのを、八作さんが見つけます。

八作さんはいろいろ話しかけますが、かごめさんは上の空です。

とわ子さんが社長をしている会社、『しろくまハウジング』。

門谷さんというイベント企画会社の社長が、アートイベントの仕事を依頼してきます。

彼はとわ子さんと同じで、三回結婚して、三回離婚しているといいます。

さらにとわ子さんは、社員たちがとわ子さんに内緒で、誕生日のサプライズパーティーを計画していることに気づいてしまい、気づかないふりをしなければならなくなります。

気疲れしているとわ子さんを見て、門谷さんは昼休みに一緒にマッサージに行かないかと誘います。

そこで話していて、二人の結婚観が近いことから、

「大豆田さん、結婚を前提としてお付き合いしませんか。三度目の正直って言いますけど、四度目があったら、僕はそれは運命だと思います。四度目はあなたがいいな」

と門谷さんはプロポーズします。

人生に失敗はあったって、失敗した人生なんてない

仕事で疲れて帰ってきたとわ子さんの家に、三人の元夫たちが勢揃いしています。

とわ子さんが社長にプロポーズされたと知り、みんな気が気じゃなくなったようで、

鹿太郎「最近会ったばかりでいきなりプロポーズっていうのはな……」

慎森「焦るのはよくないですよね。社長と社長が付き合うと結婚っていうより合併って感じがしますよね」

鹿太郎「三回離婚してる者同士だと、四回目しづらくて、仮面夫婦になる可能性あるよね」

慎森「今や、夫婦の三組に一組は離婚してるらしいですよ。三個食べて一個不味かったら、そのお寿司屋さんにはもう行かないでしょ」

特にこの二人がゴチャゴチャとうるさいので、

「言われなくても分かってます。仕事相手のプロポーズなんて受けません。四回目同士だからとか、そこで一括りにしないで」

と、とわ子さんは黙らせます。

八作さんはとわ子さんに靴下のプレゼントをします。靴下は二組あり、それが自分と唄さんの分だと、とわ子さんは思います。

ホテル暮らしの慎森さんは、そこで働いている清掃スタッフが翼さんだと初めて気づきます。

翼さんは二年前からここで働いていて、毎日そこで慎森さんの部屋の掃除していたのに、今まで慎森さんは気づきませんでした。

「覚えてなかった? 見てなかった? 誰が掃除してるかなんて、関心なかったか……」

と翼さんは言います。

一方、鹿太郎さんは、美怜さんから、

「十代でデビューして、今まで付き合った人、俳優とかモデルだったでしょ。これからは普通の恋がしたいの。器の小さい恋がしたい」

と言われ、その様子をパパラッチされます。

そして八作さんは、親友の俊朗さんに、彼の恋人の早良さんから好きだと迫られたことを、正直に言い、

俊朗「結婚したときもそうだったもんな。他に片思いしてる子がいるのに、結婚しちゃったんだもんな。そういうズルいとこあるよ。今からでも遅くないよ。その子のとこ行けよ」

と言われます。

漫画を描くのに夢中のかごめさんは、日常生活が疎かになってしまっているため、とわ子さんがいろいろと面倒を見ています。そこでかごめさんの靴下に穴が空いていることに気づきます。

仕事中に、とわ子さんは門谷さんからプロポーズの返事を求められます。もともと受けるつもりはありませんでしたが、その内容が、

門谷「僕はね、あなたをお守りしたいと思ってるんです。あなたのような可哀そうな人を見ると放っておけないんですよ。どうもダメな女性に惹かれるところがあるんですよね。だって三回も離婚してるじゃないですか。僕の離婚三回と、あなたの離婚三回は、違うじゃないですか。僕にとって離婚は勲章みたいなものですけど、あなたにとっては傷でしょう。人生に失敗している。僕はそんな傷を丸ごと受け止めてあげようと思ってるんです」

というものだったので、

「どうかな……離婚に、勲章も傷もないと思うんですよね。そういう風に考えないほうが門谷さんも幸せだと思います。確かにいろいろあっての結果ですけど、私自身、今楽しくやっていますし、何だったらなかなか面白い人生だなって思ってます。別れた人たちだって幸せでいてほしい……失敗なんてないんですよ。人生に失敗はあったって、失敗した人生なんてないと思います」

とわ子さんはそう応えます。

人を傷つけるのは他人だから、慰めるのも他人じゃないと

とわ子さんから門谷さんの話を聞いた八作さんは、

「え、何その社長、おかしいでしょ。おかしいよ、人を侮辱してるよ、最低だよ」

と珍しく怒ります。

二人は別れたときの話になり、

八作「あれはそっちの勘違いでしょ」

とわ子「勘違いじゃないよ。あなたに他に好きな人がいたからだよ。私、勘だけは良いから。目とかで分かる。この人には、他に好きな人がいるんだ、私は二番目なんだって」

八作「二番目なんて考えてなかったよ」

とわ子「そうだよ。好きっていうのは、考えることじゃないもん。考える前にあることだもん」

八作「仮にそうだとして、それは浮気じゃないでしょ」

とわ子「浮気じゃないね。他の人が心に住んでるだけだから……26歳の私は嫌だったんだよ。許せなかったんだよ、夫の片思いが」

と、とわ子さんは言います。そして、

「一回こういう話、したかったんだよ。あなたから子どもを奪って、子どもから父親を奪ってるからだよ……ごめんね」

一度謝っておきたかったのだと、とわ子さんは言います。

「その人とはその後、どうなったの?」

離婚の原因になった、八作さんの片思いの相手について訊くとわ子さんは、プレゼントの靴下が、かごめさんのためのものだったことに気づき、八作さんが好きなのは親友のかごめさんなのだと、ようやく気づきます。

ショックを受けつつ、動揺を押し隠して、

「状況は、把握した。持ち帰って、整理いたします……」

と会社に戻ってきたとわ子さんを、社員たちが誕生日のサプライズパーティーで迎えます。

一生懸命知らなかったふりをしようとするとわ子さんのもとに、門谷さんの会社から、追加予算は一切認められない、予算内に収めなければ契約は破棄するという連絡がきたと、報告が入ります。

下手したら一億の損失が出るかもしれない……

それを聞いた元夫たちも、とわ子さんを心配して沈んでいますが、

「人を傷つけるのは他人だから、慰めるのも他人じゃないと……」

という慎森さんの言葉で、それを実践しようと、誕生日のお祝いメッセージを動画に撮り始めます。

慎森「君は照れてたけど、社長が社員からお祝いしてもらえるなんて、素敵なことだと思います。これからも、いい仕事していきましょう。がんばろう」

鹿太郎「おめでとうございます。41歳。最初はね、社長業、遠慮してたみたいだけど、でも、どんどんチャレンジしてて、さすが、とわ子ちゃんだなって思います。これからも、突き進んでください」

八作「誕生日おめでとうございます。初めて会ってからずいぶん経つけど、大豆田とわ子は、ずっと最高です」

門谷さんのところへ話をしにいったとわ子さんは、車に乗るように言われ、従います。

『FOD』で見逃し配信予定!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました