【君と世界が終わる日に】第5話ネタバレ・あらすじ・感想

『君と世界が終わる日に』は日テレとHuluが強力タッグを組んだ本格『ゾンビサバイバル』ドラマ。

主演・竹内涼真、ヒロイン・中条あやみ、地上波の域を超えたスケールで描かれます。

今回は、『君と世界が終わる日に』第5話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

薬がない

ゴーレムがいる危険な病院。

響さんやユンさんや佳奈恵さんがゴーレムたちを足止めしながら、協力して薬を探しています。

その薬は彼らのグループにいる喘息持ちの結月さんに必要なものですが、何故か見つかりません。

誰かが医薬品を?き集めて独り占めしている疑いがあると響さんは言います。

薬が残り僅かになり、結月さんは苦しそうです。

響さんたちは封鎖区域の外で安全と言われる横浜を目指していますが、今の結月さんの状態ではとても横浜には辿り着けないと、母親の紹子さんは心配しています。

港に停めてある小さな船に結月さんたちを避難させ、必ず薬を見つけて戻るから待っていてくれと、響さんとユンさんの二人だけで出発します。

一方、横須賀駐屯地で医療活動に従事している来美さん。

屋外のテント内に次々と運ばれてくる怪我人たちを診て、感染していないかどうかチェックする仕事に追われています。

検査が終わったのに足停めされたままの避難者たちから、不満の声が高まっているようです。

ここ数日、輸送バスが来ないので、人々を送り届けることができない。一体封鎖区域の外で何が起こったのだろうと、自衛隊員たちも訝っています。

同駐屯地内の研究所。

研究者のジアンさんが、「封鎖区域内での物資の収集は着実に進んでいる」と報告します。

研究所トップの首藤さんは、来美さんのデータを見つめながら、「残るピースはあと一つ……」と不敵な笑みを浮かべて呟きます。

その来美さんの前に、自衛隊員の戦闘服を着て紛れ込んだ比呂さんが現れます。

「一緒に逃げよう。ここはおかしい。助けに来た」

そう言う比呂さんは、響さんのことを訊かれ、

「死んだ……」

と嘘を吐きます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

死ぬ権利もない

来美さんの様子がおかしくなったことから、彼女と接触した比呂さんは偽物だとバレ、捕まってしまいます。

そこへ、駐屯地内にゴーレムが侵入し、パニックになります。

一方、薬を探す道中、響さんとユンさんはゴーレムに襲われている人たちを見つけて助けます。

彼らは記者で、封鎖区域の外、横浜方面からやって来たと言います。その中の一人である狛江聡さんは、取材目的だけではなく、妻と娘を探していると言います。

手がかりとして渡された写真に写っているのは、紹子さんと結月さんでした。

響さんは地図を書いて聡さんに二人の居所を教えます。

自衛隊員たちがゴーレムを仕留め、駐屯地内のパニックは鎮まりました。

来美さんが持ち場を離れたことで、感染者が見過ごされ、今回のパニックが起きたといいます。

それを知った首藤さんは、来美さんに何を言ったのだと比呂さんを尋問します。

響さんが死んだと聞かされ、ショックを受けた来美さんは、呆然と建物の屋上へ向かい、飛び降りようとします。

それを桑田一尉が止め、首藤さんの前へ連れていきます。

首藤さんは来美さんに、彼女がいつも面倒を見ていた少女、愛奈さんの変わり果てた姿を見せます。

来美さんが自分の仕事を放棄したせいで、愛奈さんはゴーレムに襲われて感染したのだと。

「君は、自分に死ぬ権利があると思うのか? 彼女をこんな目に合わせておいて、自分だけ綺麗なまま死ねると思うのか?」

ショックを受けた来美さんは膝から崩れ落ち、罪悪感から「殺してください……」と頼みますが、

「ダメだ。君には、死ぬことも、殺されることも許されない」

首藤さんは厳しい言葉で来美さんを精神的に追い込んでいきます。

「ただ、償う方法はある。過去の自分も、間宮響のことも、すべて忘れ、医療に身を捧げるんです。自分は一度死んだと思えばいい。死よりもなお、死に近い生を生きるんです。生きる屍のように」

来美さんの体にはゴーレムウイルスに関する特殊な遺伝子が備わっており、彼女の遺伝子を使って研究を続ければ、ワクチンも開発できるし、愛奈さんが治る可能性もある、

「それが君にできる、唯一の償いです」

と首藤さんは来美さんを誘導します。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

殺してはいけない理由もない

結月さんの喘息の薬を求めて別の病院に辿り着いた響さんとユンさんは、医療物資の収集に来ていた自衛隊員と遭遇します。

その中にはユンさんの姉のジアンさんもいました。

再会した二人は束の間手を取り合いますが、ジアンさんは立場上、テロリスト指定されているユンさんに銃を向けなくてはなりません。

ユンさんもまた、響さんに銃を向けるジアンさんの手を蹴らなくてはなりません。

逃げていく二人をジアンさんは自衛隊に報告しなくてはなりませんが、

「……」

それはできず、二人を見逃します。

一方、響さんから書いてもらった地図を頼りに船まで辿り着いた聡さんは、紹子さんや結月さんと再会を果たします。

しかし、紹子さんは喜ぶどころか、聡さんを見て怯えています。

「何で言わなかったの? 私たちが離婚してること、みなさんに」

そう言う紹子さんに、

「俺、あれから心を入れ替えたんだ。俺はもう、昔の俺じゃない。その証拠に、命がけでお前たちを助けにきた」

と聡さんは言いますが、目を覚ました結月さんも聡さんを見て怯え始めます。

響さんとユンさんは自衛隊とゴーレムの両方に追われながら、何とか喘息の薬を持って結月さんたちのいる船まで帰り着きます。

薬のおかげで結月さんの症状は一時的に治まりますが、紹子さんが響さんへの感謝の言葉を口にすると、

「ここまでするなんて、他人のくせに親し過ぎだろ」

と聡さんは二人の関係を疑って嫉妬し、暴力的な面を露わにしていきます。

その聡さんがゴーレムに噛まれたというので響さんは駆けつけます。

響さんは良かれと思って聡さんにこの場所を教えたのですが、紹子さんは過去に聡さんのDVから逃れるため、離婚していました。

このまま元に戻ることは耐えられない、それで紹子さんはゴーレムのいる別の船に聡さんを誘い出し、彼が噛まれるよう仕向けたのだと言います。

「殺したかったんです、ずっと……」

そして人を殺したのだから警察に連れていってほしいと紹子さんは頼みます。それを聞いた結月さんは、

「ママはやってない。私がやった。パパを殺すため」

聡さんをゴーレムに噛ませたのは結月さんでした。紹子さんは自分がその罪を被るため、嘘を言っていたのです。

「私はみんなと同じことやっただけだもん。みんなだってゴーレム殺すでしょ? 私もママを守るためにパパを殺した。何が違うの?」

小学生の結月さんに悪びれる様子はありません。

大人である甲本さんから「父親を殺すなんて正しいことではない」と言われても、

「正しいって何? じゃあどうすればよかったの? 分かんないよ」

そう言い返す結月さんの代わりに、紹子さんは自分が警察に行くと言いますが、

「今、何が正しくて何が正しくないのか、俺も分からなくなってる。結月ちゃんが異常なら、俺もとっくに異常ですよ」

と響さんは言います。

そして結月さんに、今回自分がやったことはすべて忘れるように言い、他の人たちにも、このことは秘密にしておくように、その責任はすべて自分が取ると言います。

そして響さんは、みんながいないところで、ゴーレムになりかけている聡さんを自分の手で殺します。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

幻想を捨てて……

横浜へ向けて出発した響さんたち。繋がらなくなったトランシーバーを手に、

「今の俺に会ったら、来美はどう思うだろう?」

響さんは心の中で彼女に語りかけます。

その来美さんは、横須賀駐屯地内の研究所で、

「医療のために全霊を注いで、何でもやります。私は、あなたについていきます」

首藤さんに半ば洗脳されたような状態になっています。

来美さんは100万人に1人の特殊な遺伝子を持っていて、

「君の遺伝子のおかげで、完璧なワクチンが手に入る」

と首藤さんは感謝の意を伝えます。

「どんな副作用が起きても構いません。私を使ってください」

そう言う来美さんの腕に注射針が刺されます。

響さんたちは疲れ切った様子で何とか横浜のゲートに辿り着きます。

しかし、安全だと聞かされていた封鎖区域の外のフェンスの向こうにも、たくさんのゴーレムが群がっていました。

「もう何もかも終わり……」

と佳奈恵さんはその場にしゃがみ込みます。

結月さんの喘息の症状はまた悪化し、苦しそうに咳き込んでいますが、もう薬はありません。

「一か所だけあります。横須賀駐屯地」

と響さんは言います。

薬を取りに行ったとき、自衛隊員が医薬品を漁っているのを見てきたので、駐屯地に行けば、彼らがこうなることを見越して収集した物質がたくさんあり、結月さんの薬もそこで手に入るだろうと。

「もう覚悟を決めましょう。俺たちはこの世界で生きていくしかない。生き抜くためには手段を選べない」

外に安全な世界があるという幻想を捨てて、

「行きましょう、横須賀駐屯地へ」

彼らは元来た道を引き返していきます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました