【君と世界が終わる日に】第2話ネタバレ・あらすじ・感想

『君と世界が終わる日に』は日テレとHuluが強力タッグを組んだ本格『ゾンビサバイバル』ドラマ。

主演・竹内涼真、ヒロイン・中条あやみ、地上波の域を超えたスケールで描かれます。

今回は、『君と世界が終わる日に』第2話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

感染の疑い

無線で声が通じた来美さんは、感染者(ゾンビ)たちに囲まれた『日韓新興感染症対策機構』のバス内に閉じ込められていました。

来美さんの恋人の響さんは「絶対に助ける」と外へ出ていき、一緒に逃げてきたグループのメンバーも後に続きますが、来美さんの乗っていたバスは既に破壊され、中には誰もいません。

ですが、警察官の本郷さんが、バスの側に落ちている薬莢を見つけ、それが自衛隊の使用する武器であることから、来美さんは「おそらく自衛隊に救出され、横須賀駐屯地へ向かった」のだろうと推測します。

事実、来美さんは、自衛隊に救出され、彼らの車両に乗っていました。

避難所の三浦高校で出会った小学生ぐらいの橘愛奈さんが、母親にそうするように来美さんの腕にしがみついています。

自衛隊員にこれまでの経緯を話す来美さん。彼女たちは三浦高校に避難していましたが、そこで集団感染が発生し、警備していた警察が扉を封鎖したが間に合わず、何人かが感染、来美さんたちは咄嗟に近くのバスに避難したのだといいます。

「この中で感染の可能性のある者は?」

と自衛隊員に訊かれ、腕に傷がある来美さんは疑われますが、感染者に掴まれたときに出来た傷で、噛まれてはいないと来美さんは言います。
自衛隊員はこれから駐屯地へ向かうと言います。

響さんたちのグループも、横須賀駐屯地へ向かうことで話がまとまります。

「あそこなら武器もあるし、安全が確保できている可能性があります」

と本郷さんが皆に説明します。響さんが車の修理をし、その間、本郷さんがガソリンを取りに行き、同じく警察官の比呂さんはみんなの警備に当たることに。

苦しそうな顔をしている小説家の宇和島さんに、引っ越し業者の甲本さんが、昨夜、避難所の三浦高校で戦ったとき、宇和島さんを押してしまったけどあれは別に盾にしたわけじゃないと言い訳をしています。

その宇和島さんの腕からは血が流れ、傷が出来ていましたが、まだ感染したかどうか分からないので、

「誰にも言うな」

と甲本さんに口止めします。

一方、来美さんの乗る自衛隊車両は感染者をはねた衝撃で進路が逸れ、事故を起こしてしまいます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

ワクチンは存在するのか?

本郷さんと甲本さんがガソリンを取りにいったのを待つ間、感染者が次から次へと寄ってきて、警察の比呂さんだけではなく、ユンさんはテコンドー、響さんは弓で応戦します。

「やけに数が多い……」

と彼らがぼやくように、何かに引き寄せられるように集まってくる感染者たち。

自衛隊車両は破損し、愛奈さんの兄の橘勝利さんが胸に重傷を負ってしまいます。車両内にいた『日韓新興感染症対策機構』の研究者・ジアンさんが中心になって指示を出し、彼を手術して救おうとします。研修医の来美さんも、

「手伝います。いないよりマシです」

と名乗り出ます。

感染者の多さに業を煮やした比呂さんが、

「誰か噛まれた人がいるんじゃないか」

とみんなに訊き、倒れた宇和島さんの腕に噛み傷があるのを見つけ、

「何で黙ってた!」

と胸倉を掴みます。

宇和島さんに吸い寄せられるように大量発生した感染者たちから逃れるため、響さんたちはいったん『ゆりかごの丘』という老人ホームへ避難します。

比呂さんはそこで宇和島さんを縛り上げ、ナイフを抜き、早々と殺そうとします。響さんがそれを止めますが、

「今夜か、5分後か、いつ変化するか誰にも分からない。人によってぜんぜん違う。すぐに対処しないと、俺たちが危険なんです。危険な芽はすぐ摘まないと」

と比呂さんは他のメンバーにも理解を求めます。ただ、ユンさんだけは、「助かるかも」と言います。彼の姉が『日韓新興感染症対策機構』でワクチンの研究をしており、駐屯地へ行けば宇和島さんを助けられるかも、と。

しかしそのワクチンはまだ開発されているかどうかも分からず、「可能性はある」と言う響きさんと、そのために感染した宇和島さんを生かしておくのは「危険過ぎる」と言う比呂さんが対立します。

「お前だけじゃなくて、ここにいるみんなが危険に晒されてるんだぞ」

そう言う比呂さんに、「みんなを危険な目に合わせないように、自分が宇和島さんを付きっきりで見る」と響さんは言います。

「お前が責任とれよ。あいつを監視して、化け物になったら、殺せ」

と比呂さんは響さんにナイフを渡します。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

一人の命と、みんなの命

即席で建てられたテント内で、勝利さんの手術をするジアンさんと、彼女に怒られながら必死でサポートする来美さん。

手術中に流れる血の匂いに引き寄せられて感染者たちが集まって来るのを、自衛隊員たちが銃で追い払っていますが、人手が足りず、弾もなくなってきます。
銃声を聞いた本郷さんと甲本さんが、近くのガソリンスタンドから駆けつけて、自衛隊員に加勢します。

一方、『ゆりかごの丘』の施設内にも、隔離されている元入居者の大勢の感染者がいて、太陽が翳ると激しい呻き声や物音を立て始めます。

それに呼応するように、宇和島さんは突然叫び出します。
感染の症状が出始めたようです。

「もう限界だろ。仲間を呼び始めてるじゃないか」

比呂さんが響さんの代わりに宇和島さんを殺そうとし、それを止めようとする響さんにも、

「正しいのは、俺だ」

とナイフを向け、

「一人の命と、ここにいる全員の命、どっちが尊いですか? 今すぐ楽にしてやるのが、優しさなんじゃないか?」

他のメンバーにも問いかけます。何も応えられないメンバーたちを見て、

「お前以外はみんな分かってる。こいつを生かして何にもならない、戦力にもならない、後は死ぬだけ。ただの害だ……責任を、果たせ」

と比呂さんは再び響さんの手にナイフを握らせます。

響さんは宇和島さんと二人で話をさせてくれと皆を部屋の外へ出します。

二人きりになっても宇和島さんを殺そうとはせず、「ワクチンはきっとあります」と励ます響さんですが、

「嘘を吐くな、この偽善者が」

と宇和島さんはののりし始めます。

「あんただって私を害だと思ってるんだろ。役立たずだって。ここに捨てられた老人たちと同じだって……私が何をした。役に立たないなら、人間じゃないのか」

そう感情を露わにして咽び泣き、作家だった自分の半生について語ります。

世間にそこそこ評価され、小さな賞をもらったこともある。それなりに人生を悟ったつもりでいた。でも、今は何の役にも立たない。ただ恐い、死にたくない……

「生きたいと思うことは、わがままだろうか」

宇和島さんにそう問いかけられた響さんは、ずっと重い病気を患っていた自分の母親の話をします。

ボロボロになっても、最後の最後まで生きようとした、ずっとその姿を見ていた響さんは、

「生きたいって、当たり前じゃないですか。当たり前の、わがままじゃないですか。宇和島さんの命は、宇和島さんのものです。誰かのために投げ出す必要なんてないんですよ」

母親の時のように目の前で誰かが死んでいくのはもう見たくない、だから助けたいんだという響さんの思いを知り、宇和島さんは「ありがとう」とお礼を言います。

そこへ、封鎖された扉を破って感染者たちが施設内に雪崩れ込んできます。

響さんは宇和島さんを背負って他のメンバーたちと一緒に逃げますが、皆に遅れをとり、感染者に追いつかれてしまいます。

ユンさんが飛び出して助けに来てくれ、必死で応戦するも、宇和島さんは再び感染者に襲われてしまい、もう自分はダメだから逃げてくれと響さんを突き飛ばし、自ら扉を閉め、

「最後ぐらい役に立たせてくれ」

と響さんたちが逃げる時間稼ぎをするため、迫りくる感染者たちの前に自らの体を差し出します。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

謎の研究所

宇和島さんを守れなかったことで落ち込み、項垂れて歩く響さんに、佳奈恵さんが近づき、響さんのしたことは正しくなかったかもしれないけれど、

「でも正しいほうを選んでいたら、みんな一生後悔していた、だからこれでよかった」

とみんなの意見を代表するように言います。

一方、ジアンさんと来美さんは手術を成功させ、勝利さんの命を救います。

そこへ愛奈さんを狙って感染者が襲いかかり、それを助けるため、来美さんは手術で使うハサミで感染者を殺します。

人を助けるための道具で、人を殺してしまったことに、来美さんはショックを受けます。

横須賀駐屯地へ辿り着いた来美さんたちは、

「この駐屯地は、唯一残された安全な避難所です」

と研究者の首藤公貴さんらに迎えられます。

「みなさんには検査を受けてもらい、陰性が証明され次第、封鎖区域の外へお送りします」

自衛隊と共に戦っていた本郷さんが戻ってきて、響さんたちと合流します。

響さんは壊れた無線で来美さんに話しかけ、離れた場所で、来美さんも同じように壊れた無線を手に、響さんに語りかけています。

本郷さんが、「駐屯地で検査を受けて何もなければ、封鎖区域の外の、まだ無事な横浜方面へ移送してもらえる」と自衛隊員から聞いた話を伝えると、皆の顔がほころびます。

『日韓新興感染症対策機構』の建物がある駐屯地に着いた一行は車から下り、安堵した様子で、「おーい」と手を振り助けを求めますが、次の瞬間、銃声が鳴り、本郷さんが胸に銃弾を受けて倒れます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました