【着飾る恋には理由があって】第5話ネタバレ・あらすじ・感想|もどかしい恋 私ただのお隣さん?

『着飾る恋には理由があって』は、鎧のように凝り固まった価値観を着飾る女と、ミニマリストな男がひとつ屋根の下で恋を繰り広げるラブストーリーです。

着飾る女を川口春奈を演じ、ミニマリスト男を横浜流星が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『着飾る恋には理由があって』第5話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『着飾る恋には理由があって』第5話あらすじ

放送日:2021年5月18日

お互いの想いを確認しあった真柴(川口春奈)と駿(横浜流星)。真柴は他のシェアハウスのメンバーに知られないように、駿をデートに誘うも、駿からの提案はこうじの散歩。恋人らしい特別感が欲しい真柴と、変化を望まない駿…真柴はお互いの価値観の違いに不満と不安を募らせる。

一方、陽人(丸山隆平)は、相談者、舟木(黒川智花)からのカウンセリング回数が増えていることを心配していた。そんなある日、陽人のみならず、真柴、駿をも巻き込む騒動が巻き起こる…!

さらには、香子(夏川結衣)の元旦那・礼史(生瀬勝久)が現れ、シェアハウスは大騒動に…!?

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『着飾る恋には理由があって』第5話ネタバレ

マイペースな駿にふりまわされるくるみ

仕事が休みのくるみは一緒に出掛けようと駿を誘うものの、犬の散歩に行こうと言われ拍子抜けするのでした。その時家のチャイムが鳴りますが、インターホンには誰にも映っていません。

散歩中、皆に自分たちのことを話すかどうか気にするくるみに、流れに任せればいいと言う駿。一方、陽人はカウンセリングの患者・船木からの連絡を受けていました。彼女は、陽人に会えないかと思いながら公園に来ていると話します。

一方、公園で駿に写真を撮ってもらい、さっそくインスタに上げるくるみ。駿はきっちりオシャレをしたくるみに、普段のままでいいのにと言うのでした。この先はいろいろ忙しいらしい彼に、くるみは休みの日くらい一緒に過ごしたいと話しますが、また流れでいいのではと言われてしまうのでした。

二人が散歩から戻るとチャイムが鳴りますが、またインターホンには誰も映っていません。もしかしたら自分のせいかもしれないと話す陽人。カウンセリングの患者・船木に食事に誘われたのを断わり、彼女を追い詰めたかもと言うのです。船木が看護婦をしていた時に世話になった陽人は、なんとか支えてやりたいと思っていました。

会社に出たくるみは、自分あてに佐藤真司という知らない人から荷物が届いたと知り、とりあえず保管庫に置いてもらいます。そして広報課長から、くるみが用意していたイベントがストップになったと聞かされるのでした。

それはメイフェンとの企画で、葉山がいた時から進めていたものでしたが、今の社長は葉山がいないのにやっても仕方ないと判断したのです。

くるみは駿のキッチンカーに行き、前に比べて仕事で求められていないとこぼします。すると近くにいた船木が話に入ってきて、自分も同じような経験があり、今の仕事を辞めようか迷うと言うのでした。彼女が去った後、駿はいぶかしそうな顔をします。

夜になり、ホームシアターでホラー映画を見ていた駿とくるみ。駿は寝てしまい、くるみは玄関の物音に驚きます。しかし香子と陽人が戻ってきただけでした。その時チャイムが鳴り、香子の元夫・礼史が訪ねてきます。

中に入った彼はこれまでに何度もチャイムを鳴らしたことを謝ります。そして詐欺事件について、香子の力になりたいと言うのでした。しかし10年間の結婚生活について話しているうち、香子と礼史は言い合いになってしまいます。

結婚生活の最後、毎日用意していた夕食に見向きもしなかったと、礼史を責める香子。彼は土下座をして謝り、今日は無理でも許してもらえるまで何度でも来ると言うのでした。

駿の言葉に傷つくくるみ

香子たちの話を聞き、お似合いだったのにと言うくるみですが、駿は無理して一緒にいることはないと答えます。その時陽人に船木から電話が入り、駿とくるみはキッチンカーに来た女性だと気づきます。

船木に、自分のことを相談者以上に思っているなら気持ちには答えられないと告げる陽人。その後、陽人は彼女を助けたいと思ったのは思い上がりだったのかもと悩みます。駿はそんな彼に、2年前に自分を助けてくれただろうと話すのでした。

陽人は駿に、お前はマイペースだからくるみを振り回すなと忠告します。しかし駿は、彼女はただのお隣さんだと言い、それを聞いていたくるみはショックを受けて部屋に戻ってしまいます。

翌日会社に行っても、そのことが気になるくるみ。そしてまた彼女宛てに佐藤真司から荷物が届いているのでした。

キッチンカーに立てこもる船木

一方、駿のキッチンカーには船木がやって来て、陽人に会わせてくれと言って中に立てこもってしまいます。途方に暮れた駿はくるみの会社のあるビルまで走り、その時にスーツケースを持った葉山とすれ違うのでした。

くるみと共にキッチンカーに戻った駿は、陽人がもうすぐ来ると船木に話します。看護師を辞めたのは自分が考えて決めたことだが、今の仕事よりも前の方が必要とされていたとこぼす船木。くるみは自分も同じだと話しますが、駿は、俺は自分の価値は自分で決めると言うのでした。

そこに陽人が駆けつけ、ようやく船木は車から降ります。その後、買ってきたジュースを船木に渡し、調子悪い時にいつもこうしてくれたのが嬉しかったと話す陽人。

そして病院を懐かしむ船木に、戻りたいかと尋ねます。すると船木は、考えて答えを出して、自分で自分の価値を決めると答えます。そして「いままでありがとうございました」と陽人に頭を下げるのでした。

駿と一緒にキッチンカーで帰ってきたくるみは、先に車を降ります。そして自分と駿は正反対だが、流れのままに一緒にいると決めたと告げるくるみ。

駿は車の中から手を伸ばし、くるみにキスをします。そして今度の週末に釣りに行くが、一緒にどうかと誘うのでした。翌日、駿と一緒に散歩に行くくるみは、とてもラフな格好をしていました。

その後、仕事帰りのくるみは雨の中で葉山と遭遇し、何をしているのかと問い詰めるのでした。彼はトルコから身の回りのものを送ったが届いているかと尋ねます。

そして翌日、目を覚ました駿はためいきをつきます。彼の部屋には、葉山が寝ていました。

駿が陽人に、くるみはただのお隣さんだと話した時のこと。彼はくるみの中にまだ葉山への気持ちが残っていると気づいていました。だからその間は、何も言えないと考えていたのです。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『着飾る恋には理由があって』第5話感想

普通の恋人同士らしいことをしたいくるみと、流れに任せればいいと言う駿のかみ合わなさに、ハラハラしてしまいました。

マイペースな駿ですが、仕事に悩むくるみや船木に、自分の価値は自分で決めると言い切ったのが格好良く、心に響きました。

車の中からくるみにキスをした場面も素敵です。

そしてついに帰国した葉山とくるみが遭遇し、この先どうなるのでしょうか。

駿がくるみをただのお隣さん、と言ったのは驚きましたが、くるみがまだ葉山を好きだと気づいていたと知り、切ない気持ちになりました。

『Paravi』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました