【イチケイのカラス】第8話ネタバレ・あらすじ・感想

『イチケイのカラス』は、クセの強い型破りな裁判官と、超堅物なエリート裁判官を描く、爽快なリーガルエンターテイメントです。

型破りな裁判官・入間みちお役を竹野内豊が演じ、エリート裁判官・坂間千鶴役を黒木華が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『イチケイのカラス』第8話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

『イチケイのカラス』第8話あらすじ

放送日:2021年5月24日

 みちお(竹野内豊)たちが所属する『イチケイ』に、事務官から書記官になるための研修生として、前橋幸則(渡辺佑太朗)と磯崎由衣(夏目愛海)がやってくる。部長の駒沢(小日向文世)は、合議制で扱う案件があるから立ち会うよう、ふたりにも指示する。

案件は傷害事件だったが、その起訴状を見た坂間(黒木華)と浜谷(桜井ユキ)は驚く。被告人の潮川恵子(真凛)は、坂間が裁判長、浜谷が書記官を務めている窃盗事件の被告人だった。

 万引きの前科があった恵子は、再びスーパーマーケットで万引きをして保安員に捕まっていた。恵子の万引きを目撃し、店側に伝えたのは、山寺史絵(朝加真由美)という女性だった。恵子には6歳になる娘がおり、商社マンの夫は海外単身赴任中。恵子は、育児と義母の介護の疲れから軽いうつ状態で服薬していた。そんな恵子と話した浜谷は、子どもを預ける当てがない彼女は罪を認めて逃亡の恐れもないことから、在宅からの審理がいいのではないかと坂間に進言したという。ところが恵子は、その間に史絵に暴行を加え、加療約1年のケガをさせていた。

窃盗事件と傷害事件が併合されて開かれた第2回公判。恵子は、被害者の史絵が小学校時代の恩師だったことに触れ、4ヵ月前に万引きで逮捕されたときのことは恨んでいないと証言する。史絵にケガをさせてしまったのは、実は彼女が万引きをしたところを目撃し、それを止めようとした際に襲われて抵抗したからだと言うのだ。恵子は取り調べの段階からそう主張していたが、虚偽の発言として取り上げてもらえずにいた。一方、検察の井出(山崎育三郎)は、史絵が万引きをしたという証拠がないこと、そして恵子から暴行を受けた後、市会議員をしている夫の信吾(大谷亮介)に電話し、逆恨みで元教え子に襲われたと助けを求めていることを指摘するが……。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

『イチケイのカラス』第8話ネタバレ・感想

放送終了後更新予定。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました