【イチケイのカラス】第7話ネタバレ・あらすじ・感想|司法VS型破り裁判官決戦のとき

『イチケイのカラス』は、クセの強い型破りな裁判官と、超堅物なエリート裁判官を描く、爽快なリーガルエンターテイメントです。

型破りな裁判官・入間みちお役を竹野内豊が演じ、エリート裁判官・坂間千鶴役を黒木華が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『イチケイのカラス』第7話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

『イチケイのカラス』第7話あらすじ

放送日:2021年5月17日

弁護士時代のみちお(竹野内豊)が最後に担当した12年前の東丸電機殺人事件。東丸電機の研究部主任だった被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は、被害者である同社の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から研究部門の解体および製造部門への異動を命じられたことが原因で彼と度々トラブルを起こした挙句に撲殺した罪で、無期懲役を言い渡されていた。だが仁科は、判決後も無罪を主張し続け、獄中で命を絶ってしまう。仁科は、事件現場から逃げていく男を目撃したと主張していた。その男こそ、イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)だった。この窃盗事件がきっかけで、志摩が所長を務めるオメガ会計事務所が、東丸電機を含む大手企業数社の脱税に関与していた疑いが浮上していた。

 坂間(黒木華)は、仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪ね、再審請求をすれば12年前の事件の真相を明らかに出来ると説得するが、断られてしまう。そんな坂間と入れ違いで由貴を訪ねたのが、みちおの元同僚でもある弁護士・青山(板谷由夏)だった。ふたりの説得が功を奏し、再審請求を決意する由貴。弁護人を務めることになった青山は、ただちに会見を開き、今回の再審請求について公開での審理を求めた。

再審を認める判決を受け、次長検事の中森(矢島健一)と検察官の小宮山(テイ龍進)は、期限の3日以内に「即時抗告申立書」を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じる。「開かずの扉」と言われる再審請求――その扉は今回も開かないものと思われたが……。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

『イチケイのカラス』第7話ネタバレ・感想

守りたいもの

12年前。

弁護士だったみちお(竹之内豊)が最後に担当した東丸電機殺人事件。

被告人の仁科壮介(窪塚俊介)は研究部主任で、被害者の経営戦略部部長・布施元治(中野剛)から、研究部門の解体と製造部門への異動を求められます。

それが原因で布施と度々トラブルをおこし撲殺した罪で無期懲役を言い渡された。

仁科は判決後無罪を主張し続けて、獄中で命を絶ってしまいます。仁科は布施が亡くなった現場から逃げていく男を目撃したと主張していました。

仁科が見た逃げていく男が国税庁OBの志摩総一郎(羽場裕一)でした。

今回イチケイが扱った窃盗事件の被害者で、志摩が所長をしているオメガ会計事務所が、東丸電機含め数社の脱税に関与していた疑いが上がったのでした。

坂間(黒木華)が仁科の妹・由貴(臼田あさ美)を訪れ、再審請求をして12年前の事件の真相を明らかにするよう説得しますが、今の生活がまたなくなってしまうと断られてしまいます。

みちおの元同僚の弁護士・青山(板谷由夏)がその後由貴を説得し、由貴は再審請求を決意します。

弁護人として青山は今回の再審請求について、後悔での審理を会見を開いて求めました。

再審を認める判決を受け、次長検事・中森(矢島健一)と検察官・小宮山(テイ龍進)は期限の3日以内に即時抗告申立書を出すよう、城島(升毅)と井出(山崎育三郎)に命じます。

城島が即時抗告申立書を期日内に出し忘れたとして、期日が過ぎ、ついに「開かずの扉」と言われ年に1回歩かないかと言われる再審請求の扉が開けたのでした。

ですが、その代償に、城島は中森から左遷されます。

城島は「何を隠したいのか知らない。でも俺はそんなものを守るために検察官になったんじゃない。人が死んでるんだ。飛ばせ、好きなところに」と言うのでした。

城島検事が男気を見せ、それを犠牲に一歩進んだ感じです。城島さんがどうなってしまうのか心配です。強大な敵に立ち向かえるのか、ドキドキします。

苦難

再審第一回公判。

仁科は見た現場から立ち去った人物が、ドライブレコーダーに映っている志摩総一郎。

島は大規模な脱税に関与し、殺された布施はそれを知っていた可能性があることを、弁護人である青山が話します。

検事から異議を言われ、今回の裁判長のみちおは異議を認めますが、職権を発動して裁判官主導で捜査をすると決定します。

イチケイ達は志摩総一郎の元妻・飯田加奈子の経営している店に所在尋問に行きます。

加奈子は志摩が事件当日夜遅く血まみれで帰ってきたと証言したのは、夫が若い女に入れあげてたので嫉妬心からの偽証だったと言います。

みちおは店のジャケットを購入し、これと同じものを志摩が傍聴に来てた時に着用していたと言います。

プライベートブランドの新作なのに、夫婦仲が悪いのは見せかけなのではと推理。

客足がないのに店が豪華なのも、志摩からの資金援助を受けているのではないかと推察します。

身内の話しはあてにならないのでわざと偽証して仲が悪いと見せて、逆に家にいてたという信憑性をあげているということだと。

第二回公判。

加奈子が志摩から資金提供を受けていたのでは、加奈子に出廷を求めた途端買い付けと言って逃げたと青山は述べますが、検察から異議を申し立てられます。

みちおは異議を認めますが、加奈子の会社の財務資料の提出を求めると言います。

ドライブレコーダーに映った人物を歩き方で特定できる可能性があり、年月が経過しているため、志摩にデータの提出を求めることを告げます。

検察はみちお、坂間、駒沢の3人の裁判官に対して、志摩を疑ってかかり裁判を妨げる可能性があるとして忌避申し立てを行いました。

坂間が却下すると言い、検察は高裁に抗告すると告げます。

今後高裁から3人は改めるように指示がでると思われます。

みちおは捜査を急ぎましょうと告げました。

12年前の裁判時の元書記官 友坂良一(淵上泰史)に話を聞くことが出来ました。

今は苺農園を営んでいます。刑事事件の冤罪は裁判官によるものと友坂は言います。

仁科が命を絶ったことは駒沢に責任があると告げます。

駒沢は判決は多数決で決まり、どうして止められなかったのか悔やみきれないと語ります。

微力であってもこの国の司法を裁く覚悟ですと頭を下げます。

青山から1週間後に高裁からの忌避申し立ての差し戻しがあり、次が最後の公判だと、イチケイメンバーに告げます。

みちおは次長検事の中森と、日高を法廷に呼びたいと言います。

いよいよ中森と日高を法廷に呼ぶ日が来ました。

どうなるのでしょうか。

みちおたちの健闘が報われるのでしょうか。

そして日高は善人なのか悪人なのか、気になります。

白いカラス

第三回公判。

ドライブレコーダーと逮捕時のニュースの映像で歩き方を証言した結果70%の整合性があると青山は述べますが、検察から整合性が不十分と申し立て、みちおは異議を認めます。

元妻の証言の信憑性に関して、本人が証言に応じないことなどで、偽証だと青山が告げます。

これも検察から異議を申し立てますが、みちおは全ての証拠を総合的に判断して、異議を却下、偽証を認めますと言います。

次に次長検事・中森が証言台に立ちます。

井出が中森検事が何故守ろうとしたのか証拠を提示します。

特捜時代に中森が関わった内部資料は全て国税庁査察部二係からの情報によるもので、彼らの天下り先の脱税を認める代わりに情報を貰っていたのではないかと言います。

最後に日高の尋問が行われます。

友坂からの証言では12年前に日高は最高裁事務総局から想定される審理より早く終わらせるように言われていたと言います。

日高は上の意向をくんで判決を下したと。

日高は、友坂は元々裁判官を目指していて裁判官を敵視する傾向にあったと言います。明確な証言に基づき審議を行ってくださいと、みちおに語ります。

みちおは日高に、志摩へ証人尋問を行っていたら、仁科は無実を訴えて命を絶つことはなかったのでは、記者の真鍋も命を絶たれることはなかったのではと訴えます。

司法に殺されたのではないかと。

「あなたは上に忖度して判決を下しましたか」

みちおは日高に問います。

「私は誰にも忖度しておりません。今回の審理は裁判官の行為を逸脱している。失格です。あなたは裁判官失格です」

日高はみちおに告げました。

閉廷後、中森は日高に語ります。

「これ以上明るみに出すと国益に関わる」

「真実は複雑」

「私は今までその詳細を聞かずにいた。話せる範囲でいい。真実を聞かせておいてほしい」

日高の要望に中森は答えます。

「いいでしょう、12年前の真犯人は」

「12年前の真犯人は志摩総一郎だ」

日高はボイスレコーダーに入った中森の言葉を記者団に聞かせました。

記者に囲まれて日高はこう発言します。

「口論から布施を殺害したのは志摩総一郎。記者の真鍋も同じ。中森検事は上からそれを伝え聞いた。そして私はその上に行きたいと言う理由だけで忖度して判決を出した」

仁科が自殺した時、周りから間違っていないと言われ信じようとしたが、真鍋の事件が起きた時、私が真実から目をそむけようとしたからだと分かったと言います。

「裁判官の職を辞し、罰を受けるべきだと決意しました。裁判官失格なのは私です。今回の録音は相手の同意を得ておらず、証拠になるかわかりません。司法に関わるほとんどの人間が誇りを持って職務を全うしている。志のある人間が動くことを信じています」

みちおは語ります。

「最高裁長官の夢を捨ててでも真実を明らかにしたんだ」

待ち構えていた坂間に日高は言います。

「きれいごと歯を食いしばって実現させてね」

みちおは日高に白いカラスの置物を日高に渡します。

「終わってないわよ。伝聞伝言伝達。もはやどこか定かでない上。いつかあなた達が対決する日が来るかもね」

日高はそういって去るのでした。

仁科の墓参りをするイチケイメンバー。

仁科の妻と会い、12年前にみちおに罵声を浴びせたことを謝られます。

みちおたちも真実に導くのに時間がかかったことを謝るのでした。

ついに12年前の事件の真実が暴かれましたね。

ですが、日高の言うように、本当の敵は指示を出している上なのだとしたら、ゾッとしました。

これからのみちお達の敵として現れるかもしれません。

気になります。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました