【イチケイのカラス】第6話ネタバレ・あらすじ・感想|令和の大泥棒が法廷に登場!

『イチケイのカラス』は、クセの強い型破りな裁判官と、超堅物なエリート裁判官を描く、爽快なリーガルエンターテイメントです。

型破りな裁判官・入間みちお役を竹野内豊が演じ、エリート裁判官・坂間千鶴役を黒木華が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『イチケイのカラス』第6話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

『イチケイのカラス』第6話あらすじ

放送日:2021年5月10日

 草野球の試合を終えたみちお(竹野内豊)たちは、相手の井出(山崎育三郎)ら地検チームと一緒に石倉(新田真剣佑)の実家『そば処いしくら』に集まって飲んでいた。そこに、坂間(黒木華)が日高(草刈民代)を連れてやってくる。坂間は、女性裁判官の会に出席し、日高の最高裁長官内定のお祝いをしていたという。 するとみちおは、志摩総一郎(羽場裕一)という男の名前を出し、彼が被害に遭った窃盗事件を担当することになったと日高に告げる。志摩は、弁護士時代のみちおが最後に担当したある事件に関係する人物だった。

 みちおが裁判長を務める窃盗事件とは、前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が、会計事務所所長の志摩の自宅に忍び込み、現金113万円を盗んだ事件だった。岸田は犯行後、盗んだ自転車で逃走を図ったが、その途中で新聞配達員と自転車同士の衝突事故を起こして顔を見られたため自首していた。 第1回公判で、岸田はエリート人生から転落して窃盗を繰り返したという井出の言葉に反発し、泥棒がいかに魅力的な仕事であるか、どんな金庫も開けられる優れた耳を持つ自分がその個性を生かすためにいかに努力をしているかを力説し始める。また岸田には、金が余っている家しか狙わず、人は絶対に傷つけない、というポリシーがあるらしい。

 みちおは、理路整然と話す岸田が、逃走時のことなるとあいまいな話をし始めることや、今回初めて自首してきたことが気になり、逃走経路周辺の防犯カメラを確認することにするが……。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

『イチケイのカラス』第6話ネタバレ・感想

前兆

10年前。みちお(竹野内豊)は日高(草刈民代)に弁護士を辞め裁判官になった挨拶をします。

弁護士から見た刑事裁判官への疑問「なぜ現場検証してもらえなかったのか」を実践していくつもりというみちお。

更に日高に「どうして裁判官を志したのか」を問うたのでした。

草野球の試合後、みちおたちイチケイチームが地検チームと『そば処いしくら』で食事をしていると、坂間(黒木華)が日高を連れ入ってきます。

女性裁判官の会で日高の最高裁判官長内定祝いをしていたと話します。

みちおは日高に、志摩総一郎(羽場裕一)の名前をあげ、羽場が被害にあった窃盗事件の担当になったことを明かします。

「12年前の事件の波紋でないといいな」みちおは日高に、甥っ子の起こした身近の『バタフライエフェクト(蝶のはばたきが周りに影響を及ぼし最終的に気象に影響を与える現象)』を話し、羽場の事件の話をします。

羽場は弁護士だったみちおが最後に担当し、日高が裁判長だった事件に関係する人物でした。

バタフライエフェクトの話が出てきました。これは12年前の事件のことが関係するのでしょうか。いよいよ真相にちかづいてくるようで楽しみです。

事件

第一回公判。

前科6犯の窃盗犯・岸田(バカリズム)が会計事務所所長・志摩の自宅に忍び込み、現金113万円を盗み、犯行後盗んだ自転車で逃走したが新聞配達員の自転車と衝突し、顔を見られ指名手配され1週間後に自首したという顛末の事件。

岸田は有名国立大を卒業し大手投資会社に就職するも半年で退職し、エリートから脱落し窃盗といった検事・井出(山崎育三郎)の説明に反発し、泥棒が魅力的な仕事であること、自身の耳がどんな金庫も開けられる地獄耳であるという圧倒的な個性を生かすために努力していることを雄弁に語り出します。

岸田は泥棒のポリシーを語り始め、金が余っている家を狙うこと、人は絶対に傷つけないことを守っていると力説します。

みちおは逃走用になぜ自転車を用意していなかったのかを尋ね、岸田があいまいな説明をしたことに疑問を持ち、自転車事故の相手からも話を聞くことを決めます。

第二回公判。

自転車事故の相手の証人尋問。

岸田が重そうな鞄を荷台に乗せハンドルが切れず事故になったと説明します。

重そうな鞄の中身が何かを岸田に確認するが、犯行用の道具とあいまいな答えをします。

理路整然に話す岸田が、この件についてだけあいまいな話をすることと、今回初めて自首をしてきたことが気になると、みちおは逃走経路の防犯カメラを確認することにします。

閉廷後。

坂間がみちおに12年前の事件について聞きたいと告げます。

公判の資料では、被害者は大手電力会社の経営戦略部部長・布施、被告人は研究部主任の仁科。

工場の製造部門に異動させられ精神に支障をきたし被害者とトラブル、事件当日口論から工具で相手を殴りつけ殺害。

逮捕され罪を認めるが公判では無罪を主張。

みちおが聞いた仁科の主張は来た時には既に亡くなっており、現場から立ち去る犯人を見たと証言。無実を主張したが取り調べが厳しく罪を認めてしまいました、と。

坂間は日高が判決は間違えていないと明言したと言います。

みちおは「どうして証人尋問を拒否したのか」「どうして現場検証をさせてくれなかったのか」疑問が残っていると語ります。

どうして仁科を救えなかったのかと自問自答します。

その際証人尋問を依頼した人物が当時国税庁官僚だった志摩総一郎。現在会計事務所に勤務し、その電力会社の税理顧問を務めていると言います。

その志摩総一郎が今回の被害者でまるで関係のない事件だと坂間も日高も言います。

事務官の石倉(新田真剣佑)が自分たちより前に防犯カメラの閲覧申請をした人物・新聞記者の真鍋が数日前に突き飛ばされて頭を強打し脳死状態になっていると、みちお達に報告します。ただの窃盗事件ではない、謎だらけの事件。

みちおは単独から合議事件に切り替え、職権を発動し裁判所主導で改めて捜査を行うことを宣言するのでした。

防犯カメラに映る岸田の鞄が犯行前は軽かったのに、犯行後の重くなっているのが分かり、重くなったので急遽自転車で逃走したと分かります。

実際に鞄を乗せて自転車で走って検証し、鞄の重量を検証します。

20kgとわかり、20kgの何かが盗まれていて被害届が出ていないのは妙だと訝しみます。

もし紙幣なら2億円の重さです。

その妙を新聞記者の真鍋は調査していたかもしれないとし、国税庁の天下りについて調べており、志摩総一郎が天下りのコーディネーターになっていたと言っていたと新聞社の人から聞いたとわかります。

駒沢(小日向文世)から、検察に窃盗事件の捜査過程の開示を要請すると、取り調べを担当した小宮山検事が大至急送検するように要請していたことがわかったと連絡が入ります。

小宮山検事の取り調べの録音録画を証拠として請求してくださいと城島(升毅)と井出に依頼します。

みちおは被害者の志摩総一郎を証人に呼びたいと言います。

城島と井出は小宮山に依頼するが、「不見当」と断られます。次長検事・中森がやってきて「答える義務はない」といい、井手に「99.9%の有罪率が下がっている」、城島に「後輩の足をひっぱるな」とプレッシャーをかけ「以後一切の捜査協力を禁止する」と叱責します

強敵が登場しましたね。いよいよ上の人たちからの圧力がやってきています。どうするのでしょうか。ドキドキです。

カバンの中身

第三回公判。

岸田は20kg相当の鞄の中身について、実は木彫りも窃盗したが模造品と分かり破棄したといい、鑑定した仲間は売れないと語ります。

志摩の証人尋問が行われ、模造品が盗まれたことに気づかなかったと言います。みちおに12年前弁護士だった時に証人に呼び出そうとした、私に対して固執するのかと問います。

みちおはかつての事件と本件は関係ない、そうでないと正しく岸田を裁けないと言います。

城島は小宮山の捜査過程の開示を駒沢から告げられ「不見当」と答えます。凍りつく法廷。

閉廷後。

駒沢は城島に「誰からの圧力か」と聞きます。みちおは「次長検事からの圧力か」と聞きます。

12年前の仁科の公判を担当した中森検事だとわかり意気消沈します。捜査のかなめの検察が真実の為に捜査に協力しないとはと喧々諤々となります。

そのなか真鍋が死亡したと知らせが入ります。

真鍋の妻に所在尋問を依頼し、事件の前日に真鍋は釣りをしていたことが分かります。

イチケイの面々が『そば処いしくら』で話をしていると城島と井出がやってきて二人の会話を始めます。

森山検事の担当事務官から話を聞きだしたことを話し始めます。窃盗犯・岸田の行方を何故か警察より先に見つけ出そうとしていたこと、志摩から2億円を窃盗したのを警察が調べるのを嫌がったのだろうということ、岸田の交通機関のICカードから潜伏先エリアが判明していたこと、何かの取引が行われたかもしれない、防犯カメラの映像を岸田にぶつける手がある、と独り言の小芝居で話します。

イチケイの面々は小芝居を偶然聞いていた態で捜査に動き出します。

駒沢は潜伏先近辺の防犯カメラを当たります。

みちおたちは真鍋が釣りに行っていた先で聞き込みをし、舟板を外して戻していたことが分かり、舟板を空けてみるとあるものを発見するのでした。

証拠が集まりそうです。今回もやもやしていましたが検事二人の機転により操作もどうにか進みそうです。どうなるのでしょうか。

ポリシー

第4回公判。

小宮山検事が証人尋問に呼ばれ、潜伏していた岸田に検察より先に接触していた人物・畠山と知り合いということを話します。

みちおは岸田に盗んだのは2億円ではないかと岸田に聞きます。後ろを見てほしいと言います。

そこには真鍋の妻がいました。窃盗事件を捜査していた真鍋さんが何者かに殺害された。

それはあなたの「誰も傷つけない」というポリシーに反するのではないかと岸田に語ります。

岸田は「あなたはしつこい。とびきりしつこい。あなたには勝てない」と語り始めます。

「私が盗んだ金は113万円ではない。2億円です。ピンときました。これは表に出ない金。盗んでも正式に被害届が出せない。でも先程の防犯カメラに映っていた男が訪ねてきて1千万円で買収された。これが真実です」

「すみませんでした。こんなことになるなんて思いもしませんでした。」

真鍋の妻に岸田は頭を下げます。

駒沢は記者の真鍋が残したデータがあると見せます。

「志摩総一郎の会計事務所が担当する大手企業数社の裏帳簿です。売り上げと利益を少なく見せかける法人税法違反・脱税です。国税庁が黙認した脱税の可能性もあります。被告人が話した志摩から窃盗した2億円は企業からの見返りの金銭かどうか今後の捜査の過程で分かるでしょう」

閉廷後。

志摩総一郎は任意同行を受け、逮捕されます。

みちおは日高に12年前に日高が証人尋問を却下した、その事件の証拠が揃ってきたと継げます。

「社会の医者だから志した。あなたはそう言いましたよ。開かずの扉が開いた時に全ての真実が明らかになるかもしれないですね」

坂間が仁科の遺族に再審請求をすすめに行きます。それを何故か弁護士・青山瑞希(板谷由夏)が聞いているのでした。

いよいよ12年前の事件が暴かれる日が近づいてきています。なぜか青山弁護士も絡んでくるのですね。楽しみです。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました