【イチケイのカラス】第3話ネタバレ・あらすじ・感想|伝説の裁判官が暴走凶悪犯の愛

『イチケイのカラス』は、クセの強い型破りな裁判官と、超堅物なエリート裁判官を描く、爽快なリーガルエンターテイメントです。

型破りな裁判官・入間みちお役を竹野内豊が演じ、エリート裁判官・坂間千鶴役を黒木華が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『イチケイのカラス』第3話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

アインシュタインにどうしたらなれるか

みちお(竹之内豊)が甥っ子からの質問「どうしたらなれるか、アインシュタインに」を坂間(黒木華)たちイチケイメンバーに問いかけます。

そんな中、駒沢部長(小日向文世)が合議制で扱いたい案件をみちおたちに話し出します。

ガラス工房勤務の藤代省吾(岡田善徳)が被告人、被害者は市役所職員の野上哲司(成松修)。ガラス工房の教室に通う野上の娘・碧(渡邉心結)を母で警察官の奈緒(佐津川愛美)が迎えに行っていました。

奈緒に一方的に好意を持っていた藤代は「野上哲司は浮気している。あんな奴とは別れろ」など差出人不明の手紙で送り続けていました。

差出人は藤代だと気づいた野上が事件当日工房を訪れ、藤代口論の末揉みあいになりました。藤代が自転車で逃亡を図った時に野上と衝突し、後ろに倒れた野上が後頭部を打撲し絶命しました。

犯行が明るみに出るのを恐れた藤代が、野上の遺体を焼却炉で燃やすという事件で、藤代は重過失致死及び死体損壊で起訴されていました。

第一回公判にて、駒沢は、被告人・藤代の18年前の前科を裁いた裁判長は自分だと言いだすのでした。

衝撃の事実ですね。

いつも温厚な駒沢のいつもと違う動向が気になります。

以前裁いた被告人が再度犯罪者として目の前に現れた衝撃からでしょうか。

目が離せません。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

18年前の事件

18年前、バーテンダーだった藤代は常連客が振り込み詐欺のリーダーだと分かり、金銭を強奪し、大金を使い果たしたら命を絶とうと計画していました。

重い心臓病を患っていた藤代は自暴自棄になっていました。

犯行当日、強奪を発見され、ナイフを持った詐欺犯と揉みあいになり、気づいた時は相手にナイフが刺さっていて、逃亡しましたが、生きて罪を償うために自首してきました。

駒沢はこの事件の裁判長として、相手の過剰防衛を認め、自首してきたので情状酌量をし懲役4年の減刑判決をしました。

駒沢は18年前のことを踏まえたうえで、今回の事件で不可解な点を藤代に尋ねます。

「過失で殺害なら何故今回も自首しなかったのか、何故遺体を燃やしたのか」

藤代は奈緒を愛していて旦那が邪魔だった、一度罪を犯した者には人生をやり直せないのが現実だと言うのでした。

閉廷後、駒沢は18年前の事件から出所後、深沢から駒沢宛に届いた手紙を見るのでした。

第二回公判で、みちおは実況検分の写真に水たまりがあるものとないものがあり、二回実況見分が行われているのではないかと指摘します。

藤沢は犯行時刻をはっきり覚えていなかったためと話します。

22時ではないかと思っていたが、警察に24時以降でないと被害者の行動に矛盾があると言われ、24時以降ではないかと検分をし直したと。

駒沢は問題があると異論を唱えます。

「犯行を客観的に捉えて再現するのが実況見分。警察の主観が入ってしまっている。何故被害者の行動に矛盾が生じたか、検察も弁護側も把握していませんね」

「職権を発動します」

裁判長のみちおは裁判所主導で捜査を開始すると宣言したのでした。

もはやお約束の職権発動です。駒沢がみちお化しているのが気になります。

元々は熱い人なのですね。

どのような捜査になるのか期待が高まります。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

匿名の証言

みちおたちは三度目の実況検分に行き、前回実況検分した笹原署の岡部刑事から、22時から24時迄は道路工事をしていてガラス工房まで通れなかったことが分かったと話を聞きます。

また22時頃ガラス工房の焼却炉から煙が出ていたのを目撃した人も判明します。

その時ガラス工房内からガラスの割れる音を聞き駆けつけると、野上の娘の碧がグラスを割って自暴自棄になっていました。

慌てて止め、母の奈緒も駆けつけてなだめます。

碧は将来ガラス工房を自身も継ぎたいと思うほど熱心になっていて、その師の藤代が父を殺害したと聞きショックを受けていると、奈緒は語ります。

第三回公判で、藤代は碧は確かに熱心なガラス工房の生徒で、家族になれるのではないかと夢を見たと語ります。

22時頃に焼却炉を使用していたのも、ガラス工芸の細工で使用したといいます。

検察に提出を依頼した被害者の足取りの証拠は「不見当」との返事がきました。

駒沢は笹山警察署に抗議に行き、被害者の足取りの証拠をなぜ出せないのかを尋ねます。

「警察・検察は全ての証拠を出す必要がない。戦略があるから」と答える署長に、駒沢は語ります。

「決して冤罪を見逃してはいけない。真犯人を逃してはいけない。それぞれの戦略、駆け引きなんてくそくらえですよ」

帰り際同席していた岡崎に、みちおは本を渡すのでした。

岡崎が匿名で話をしにイチケイを訪れます。

被疑者の自供と状況証拠以外に証拠がなく、裏どり捜査をしていないと岡崎は語ります。

被害者の妻・巡査部長の奈緒の身体に痣があったと同僚の目撃情報や、近所から野上の怒鳴り声や物が壊れる音がよく聞こえたとの証言があり、DV被害の疑いがありました。

奈緒は夫を恨んでいて犯行動機があり、万が一部下の現職の警察官が犯行に関与していたら大きな失点になり、本部への昇進も危なくなると考えた刑事部長の判断で、捜査がされなかったと真実を語ります。

「法をなめるな」駒沢は憤ります。

「もし公訴事実に誤りがあったとしたら起訴のやり直しが必要ですよね」

「事件そのものを調べ直してみる」駒沢の熱が主任検事・城島(升毅)を動かします。

とんでもない事実が明るみになりました。

もし自分が同じ立場になったらと思うと怖いです。

昇進の為に捜査しないなど、事実を捻じ曲げる警官がいると思うと、憤りますね。

真実を調べ直すと言ってくれてホッとしました。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

更生する時間

みちおと坂間は佐賀へ藤代が出所した時の保護士に話を聞きに行きます。

藤代は自首する前に逃亡した際にビルの屋上から飛び降りようとし、その際に自殺を止めた女性がいると話します。

みちおたちは捜査し、その女性が当時その地域を担当していた警官の奈緒だったことが分かります。

そして服役中に何度も奈緒が面会に行っていた事実も突き止めます。

何故その事実を黙っているのか理由は何かと考えます。

第4回公判で、奈緒は18年前藤代と知り合い交流があったが、娘の為にその事実を伏せていたと言います。

検察は、再捜査の上、野上哲司の車を藤代が運転し、工房に向かう姿を映した防犯カメラの映像証拠を提供しました。

それをみた奈緒は、涙ながらに自分が夫を殺害したことを認め証言しました。

藤代は否定しますが、みちおは藤代に諭します。

「更生する時間は必要です。起きてしまったことは変えられない。でもこれからのことは変えられる」

「いかなる理由であれ、罪を償うチャンスを奪ってはいけない。真実を話してください」

駒沢は告げます。

いよいよ真実が明かされようとしています。

藤代が心優しい人間だということも分かります。

どうなるのでしょうか。

展開が楽しみです。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

アインシュタインに近づく答え

「守ろうとしたんです。碧ちゃんを」

事件の真相を語ります。

碧が父からの暴力を受け、瓶で殴って殺害した際、藤代が教室に来ない碧に電話をかけました。

事件を知った藤代は、自身が更生できたのは奈緒のおかげ、自身が身代わりになると言い、工房で犯行があったと偽装したと証言しました。

判決は出て閉廷しました。

「碧ちゃんを守ろうとしたのはあなたにとって特別な存在だからなんでしょ」

刑務所での面会で駒沢は深沢へ尋ねます。

父親を放棄した自分にできることはないが、近くで見守りたいと思ったからだと言い当てます。

「あなたを疑い、改めてどういう人間か知った。あなたなら人生をやり直せる。私は信じています」

駒沢は深沢へ告げます。

みちおと坂間は話します。

「今回のように、やったという被告人の嘘を見逃さない。裁判官として大事なこと。アインシュタインに近づく答え、わかったんじゃない?」

みちおの問いに坂間は答えます。

「疑うこと。アインシュタインは常識を疑い、数々の真理を導き出した」

やり直せるチャンスを貰えるということ、ホッとしたラストでした。

裁判官の仕事について深いということが分かってきた気がします。

また次回も楽しみです。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました