【イチケイのカラス】第2話ネタバレ・あらすじ・感想|幼きわが子を虐待!SNSで人気の母親に下す判決!

『イチケイのカラス』は、クセの強い型破りな裁判官と、超堅物なエリート裁判官を描く、爽快なリーガルエンターテイメントです。

型破りな裁判官・入間みちお役を竹野内豊が演じ、エリート裁判官・坂間千鶴役を黒木華が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『イチケイのカラス』第2話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

可能性があるなら勝負したい

恒例のみちお(竹之内豊)たち東京地裁チームと、地検チームの草野球試合が始まりました。

今回は甲子園出場経験者で4番打者だった井手(山崎育三郎)が地検チームに入って、2打席連続ランニングホームランを出していました。

敬遠するのも作戦だという坂間(黒木華)に、みちおは0.1%でも可能性があるなら勝負したいと言い、打たれてしまいます。

そして最終的にはデッドボールを当ててしまいます。検察チームはわざとだと言いだし、乱闘騒ぎになります。

そんな中、坂間の携帯が鳴り、最高裁判所判事の日高(草刈民代)に呼び出されます。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

取扱い要注意案件

日高に呼び出されたのは、あるパーティーでした。

最高裁事務総局長の幸田健一郎を紹介されます。

人事局でもみちおを問題視しているので、処分が必要だと判断した場合は人事局にあげてほしいと坂間に指示をします。

その後、イチケイの駒沢部長(小日向文世)は合議制で扱いたい案件を持ってきます。

1審で有罪判決が下されたのを不服として控訴、最高裁が審理内容を精査して地裁へ差し戻した案件でした。

第1審で幸田健一郎の息子・隆久が裁判長を務めて有罪にした「取扱い要注意」案件。

それは人気料理研究家の深瀬瑤子(前田敦子)の幼児虐待事件で、当時1歳半の長女が泣き止まないので激しく揺さぶってSBS(揺さぶられ症候群)から、急性くも膜下出血という大けがを負わせた罪で2年6か月の有罪判決が下された件でした。

被告は送検された日に笑顔を見せたことから「鬼女の微笑」と話題になりました。容疑を否認して控訴しています。

事件が取扱い要注意案件とわかり、みんなが避けようとする姿がサラリーマン的と思いました。裁判官でもそのような政治的事情があると思うとビックリしましたね。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

再審

再審の日、法廷に幸田隆久裁判官も見に来ました。

被疑者は容疑を否認します。

事件当日、瑤子が仕事に行った後、こどもを託児所に預けに行こうとした夫が、こどもの右手が動かなくなっていることに気づき病院へ連れて行きました。

過度な揺さぶりとは1秒間2~3往復以上5~10秒続ける揺さぶることです。

SBSだと診断した小児科医・足達医師をの証人尋問の為、証言台に連れてきます。

弁護士から、落下などによる頭部の外傷でもSBSと同様の症状が出ることがあると認められた例があると、足達に尋ねます。

足達は「10人の専門家が居たら10人私の意見が正しいと言うはずです」と言います。

みちおは「じゃあ10人の専門医を呼んで話を聞きましょう」と言って閉廷します。

法廷を出た後、幸田裁判官が待っており、話します。

「裁判官が一番やってはいけないことは、間違えることです。SBSは起訴をされにくいのが実態です。裁判所が下手に動けば検察はますます起訴しにくくなる。そんなことがないよう、くれぐれも頼みますよ」

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

第二回公判・職権発動

10人の医師の証人尋問に呼び、話しあって頂きます。

「レアケースかもしれませんが、この患者の場合外傷を負った日から症状が出るまで3日間の幅があったかもしれません」

事件当日の以前、3日前まで外傷を負った可能性があると結論がでました。

入間は裁判長として宣言します。「職権を発動し、裁判所主導で捜査をします。事件当日から3日間さかのぼって調べます」と。

深瀬啓介の実家にみちおと坂間が話を聞きに行きます。

啓介は事件の3日前に託児所に預けに行っていることを話します。

託児所の保育士は啓介の昔の恋人でまさかと思うけどと語りました。

みちおは保育士を証人に呼ぶことを決めます。

その日、坂間は幸田隆久から呼び出されます。

みちおが道をそれたら坂間が修正するのを父・健一郎もそれを望んでいる、と告げられます。

幸田からの直接の圧力に違和感を感じましたね。実際にこんなことがあれば嫌だと思います。どうなっていくのでしょうか。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

ほどけていく糸

被疑者ノートには、『夫の母親は私が虐待をやったと思っている』

『世間では総研の時私が笑ったことで鬼女と呼ばれているのを知った。違う。あの時誰かの携帯の待ち受け音が流れて、詩織の好きな曲だった。あの曲を聞くと詩織は泣き止む。詩織の笑顔を思い出して自分も笑顔になっただけ』

保育士の小野田祥子が証人尋問で証言台に立ちます。

弁護士は小野田に尋問します。

「事件後中小のまとめ記事を作りSNSで誹謗中傷を煽り続けていたのは小野田さん、あなたですよね」

「私は虐待なんかやっていない!」

小野田は叫びます。

みちおは裁判所の全員に深呼吸するように告げ、落ち着かせてから小野田に気づいたことを教えてほしいと言います。

その日、詩織に微熱があり、念の為病院へ連れて行ったこと。

診察室で仕事の電話が入り、その場を離れたが普通なら10分程度で診察が終わる所、長く30分位かかったことを小野田は思い出して話します。

そしてその時の医師は、SBS診断をした足達医師でした。

みちおは足達を再度証人尋問に呼ぶことを決めます。

しかし足達は多忙の為と、証人に来るのも、所在尋問で別室で話を聞くのも断ります。

みちおと坂間は所在尋問の日程を聞くためと言って、足達の勤務している病院へ出向きます。

忙しいので会えないと言われてしまいます。

他の職員に話を聞くと、昨晩幸田裁判官と安達医師が揉めていたのを看護師に見られていました。

幸田裁判官と安達医師は高校と大学で剣道部の先輩と後輩だったということをみちおは調べていました。

安達医師が証言した時、幸田は何故傍聴に来ていたのか、昨晩何を二人は揉めていたのか、点と点が繋がりそうだと、みちおは語ります。

その時、みちおが各国の裁判官の国際交流に選ばれたと駒沢部長から連絡が入ります。

人選は事務総長とのことで、みちおを海外に出して、別の裁判長を置くつもりかとイチケイの面々は話します。

みちおは足達医師に連絡して病院で所在尋問を行えるようにし、もう一人幸田隆久裁判官を証人に呼ぶことを決めます。

イチケイと検事たちで病院へ向かうと、足達は今日13時の飛行機でベルリンに行くと言われます。

折角真実が見えてきた時に手掛かりが去ってしまうというピンチにみんなで何とかしようとしている姿にドキドキしました。このあとどうなってしまうのでしょうか。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

真実

第4回公判。

証人に幸田裁判官を呼びます。

みちおは幸田に問います。

「裁判官にとって一番やってはいけないことはなんですか。裁判官だって間違えることはあります。それ以上に大きな罪は間違えを認めないことではないですか。間違えた時我々はどう行動するべきなのか。それが大事なのだと私は考えます」

間違えていないと主張する幸田に、ではもう一人証人尋問をするとみちおは答えます。

足達医師が証言台に立ちます。

「急患のことで緊急の電話がはいり、目を離した際に詩織が寝返りをしてベッドから落ちてしまいました。勿論無事を確認して帰しました。三日後、運ばれてきた詩織は急性くも膜下血腫で危険な状態でした。母親から虐待の疑念があると聞き、SBSだと私は診断しました。」

足達は続けます。

「疑念が生じたのは有罪判決が出た後も瑤子が無罪を主張し続けたからです。幸田裁判官に誤診かもしれないことを話すと、今更判決を変えるなんてできないと言われて黙ってしまいました」

みちおから足達がベルリンに行き一週間で戻ってきた理由を聞かれます。

「ベルリンにいるSBSの分野で第一人者の恩師に、落ちてしまった診察台の高さ、救急に運ばれた時のCTR検査の画像を見てもらい、世界の様々な症例と照らし合わせて診断していただきました。」

「3日前の外傷が原因、SBSではない。これが真実です」

みちおは被告人は無罪と判決を出します。

みちおは瑤子の前まで降りてきて頭を下げます。

「あなたが味わった苦痛は計り知れない。一裁判官として深くお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。罪のない人を罰することがないようきちんと審議しなければいけない。そのことを強く意識することが出来ました。有難うございました」

瑤子の母親としての尊厳が保たれ、ホッとしましたね。人間だれしも間違えることがある、それが分かった時にどのように行動するのかが重要だというみちおに胸を打たれました。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

閉廷後・真実に公平な場所

閉廷後、退廷したみちお達に幸田が告げます。

「あなたに裁判官としての未来はない。私を敵に回しました。坂間裁判官。あなたもただで済むとは思わないでください」
「それはあなたもね」

みちおは幸田に告げます。

事務総長がイチケイにやってきます。

「幸田隆久裁判官を懲戒処分にします。入間裁判官にもくれぐれも謝罪の旨を伝えておいてください」

みちおが記者クラブの会見に応えた記事のおかげかもしれないと駒沢部長は言います。

『今回の審議に関わった裁判官が飛ばされる噂がありますが都市伝説です。裁判所って真実に公平な場所ですから』

別日、日高は坂間に告げます。

「失望させないでね。入間みちおに感化されないように」

みちおが弁護士、日高が裁判長、右陪席に駒沢の裁判があったことがわかったと坂間は日高に尋ねると、日高は話します。

「刑務所で被告人は無実を主張して自殺を図った。入間みちおは弁護士を辞めて、裁判官になった。わたしは判決を間違えていない」

みちおと日高、駒沢の因縁が明らかになります。裁判官も判決を間違えることがある、それを認めるみちおと、認めない日高の意見の対立が気になります。今後の展開がどうなるのかそのあたりも見ものですね。

『FOD』で見逃し配信!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました