【コントが始まる】第4話ネタバレ・あらすじ・感想|捨て猫

『コントが始まる』は、20代後半の人生に失敗した男女5人がおりなす、コント(喜劇)のような群像劇。

お笑いトリオ『マクベス』を菅田将暉・神木隆之介・仲野太賀の3人が演じ、姉妹役に有村架純・古川琴音が演じる豪華キャストになっています。

今回は、『コントが始まる』第4話の、ネタバレ・あらすじ・感想をご紹介していきます。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『コントが始まる』第4話あらすじ

放送日:2021年5月8日

潤平「瞬太は父緒を早くに亡くし、母親とは明らかにうまくいってなかった」
里穂子「つむぎは昔から面倒見がいい。弱ってたり傷ついてる人を放っておけない性格だ」
コント『捨て猫』。ステージに現れる段ボールに入った捨て猫役の春斗(菅田将暉)と、野良猫役の瞬太(神木隆之介)。マクベスによるとりとめのないコントの前フリが流れて―――。

潤平(仲野太賀)は、高校の担任・真壁(鈴木浩介)を呼び出し、彼女の奈津美(芳根京子)と共に昔話に花を咲かせていた。その中で、トリオ名「マクベス」の名づけの由来に真壁が関わっているという話になり、高校時代、瞬太(神木隆之介)の車にマクベスの3人と真壁が共に乗った1日のことを想い出す……。その日は真壁の息子が生まれた日。なぜか瞬太は生まれたばかりの息子を愛くるしそうに見つめる真壁を見て、涙を流していた―――。

一方、里穂子(有村架純)は自宅で一生懸命に熱帯魚の世話をする妹のつむぎ(古川琴音)を見て、同じく昔のことを思い出す。姉のことを献身的に支えてくれる今の日々もそうだが、つむぎは昔から面倒見がよく、傷んだ人形で遊んだり、捨て猫を拾ってきたり、とにかく傷ついた存在を放っておけない性格だという―――。

全く交わらない二人の昔話が、現代でまたも数奇に絡み合うことに。親と子。傷を持つものと、それを優しく包むもの。意地と甘え。様々な相反するものを乗り越えたその時、この物語は奇跡の数十秒を生み出す。見た後に誰かに優しくしようと思える温かさ溢れる第4話。お見逃しなく。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『コントが始まる』第4話ネタバレ

瞬太とその母

コント「捨て猫」。

春斗演じる捨て猫・タマは瞬太演じる野良猫と出会います。

野良猫は、自分の方が飼い主を選ぶんだと偉そうにしています。

マクベスのコントは春斗が作っていますが、この「捨て猫」だけは瞬太の作でした。

潤平は恩師の真壁に相談に乗ってもらおうと、瞬太がバイトする焼き鳥屋で会っていました。

真壁がマクベスの名前の由来を尋ねたことから、高校時代の思い出話になっていきます。

高校時代、3人がコンビニ前でたむろしている時、潤平が「マクベス」という名前はどうかと提案したのです。

それは「真壁の教え子」という意味で、考えたのは奈津美でした。

その時、真壁が通りかかります。

もうすぐ子供が生まれると言う彼を、3人は瞬太の車で病院に送って行ったのでした。

無事に生まれた子供を真壁とその妻がいつくしむ様子を見て、瞬太は涙を流します。

彼は父を早く失くし、母とも上手くいっていなかったのです。

そして高校を卒業したら一人暮らしを始め、母とは絶縁状態になったのでした。

真壁は、母と7~8年会っていないらしい瞬太に、会ってやれと諭します。

実は2年前に瞬太の母がマンションを訪ねてきて、居留守を使う瞬太の代わりに春斗と潤平が彼女と食事をしたことがありました。

自分でも最低だと自覚していると言う母は瞬太が居留守を使ったと知っており「いつか会わせてね」と2人に頼んだのです。

しかし春斗たちがその月のライブに誘っても来ることはありませんでした。

結局、真壁に相談をしそびれた潤平は、今度マンションに遊びに来てもらう約束をします。

真壁は「遮二無二やれよ」と昔からの口癖で皆を励ますのでした。

真壁の意外な言葉

一方、里穂子は昔から面倒見がいい妹のつむぎについて考えます。

彼女は中学高校と野球部のマネージャーを務めあげ、しかしその後は無気力になり大学にも行かず職を転々し、今はスナックで働いているのでした。

そんなつむぎは、同じスナックで働くうららを、住む家がなくて困っているからと里穂子のマンションに連れてきます。

最近、瞬太のスマホには母からしつこく電話がかかっていました。

しかし瞬太は親子の縁を切ったからと全く出なかったのです。

そして真壁が家に来る日、今度は知らない番号から電話がかかってきます。

電話に出た瞬太は母の死期が近く、明日まで持つかどうか分からないと知るのでした。

春斗たちは驚き、今すぐ病院へ行けと説得しますが、瞬太は放っておいてくれと言って出て行ってしまいます。

瞬太からSOSのメッセージをもらったつむぎは、彼に会って事情を聞きます。

そして、顔も見たくないほど恨んでいるなら文句のひとつでも言ってやればと勧めるのでした。

その後、瞬太がタクシーで病院に向かったと知った春斗たちはほっとします。

春斗たちのマンションには真壁が来ていました。

大学時代に落研のメンバーと3人で共同生活をしていたと言い、春斗たちの生活ぶりを懐かしがる真壁。

潤平は真壁に、マクベスを解散するかどうか迷っていると話します。

すると真壁は解散したほうがいいとあっさり告げるのでした。

大学を出てから相当回り道をしたから、夢を追いかける辛さが分かると言うのです。

「これから先の10年は別次元の苦しみだぞ」と言われた春斗たちは言葉を失います。

いつものように「遮二無二やれよ」と言ってくれると思っていたのです。

母と対面する瞬太

一方、病院に着いた瞬太が声をかけると、母はうっすらと目を開けるのでした。

瞬太は彼を否定してばかりで自分は好き勝手にしていた彼女に文句を言います。

最後もこんな急で、許す時間もやり直す時間もないとこぼす彼に、「ごめんね・・・」と告げる母。

瞬太は涙し、母の嫌いな金髪できてしまったと言い「ごめんね」と謝るのでした。

母は静かに目を閉じ、瞬太はその手を握ります。

そして葬式の日。

春斗は里穂子に、つむぎのおかげで瞬太が母の死に目に会えたと話します。

葬式が終わり、帰りの車の中でネタ合わせの話をする瞬太に、今日は休めと言う春斗たち。

しかし瞬太は自分にはもうマクベスしかないと言うのでした。

ファミレスにマクベスが現れて驚く里穂子。

しかし彼らがコーヒーを4人分頼み、まるで瞬太の母がそこにいるかのように話しているのを見て、ほほえむのでした。

焼き鳥屋の大将は、自分を親だと思っていいと瞬太に伝えます。

入った時からそのつもりです、と答える瞬太。

その後、つむぎのスナックに寄った彼は酔っ払い、いつものあれが食べたいとねだります。

そしてつむぎは彼を家に呼び、手作りしておいたミートソースのスパゲッティをふるまうのでした。

里穂子は、つむぎには傷ついて救いを求める人たちが集まってくると感じます。

けれど、もっと自分のことを大切にしてほしいと思うのでした。

マクベスのコント「捨て猫」。

春斗演じる捨て猫タマは、瞬太演じる野良猫に説得され、飼い主の元に戻っていきます。

その途端、タマが入っていた箱に入る野良猫。

金持ちの飼い主のところにしか行かないと言っていた彼ですが、通りかかった潤平演じる貧乏なおじさんに拾ってもらおうとするのでした。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

『コントが始まる』第4話感想

いつも明るくムードメーカーな瞬太に、母親との確執があったことに驚きました。

そんな彼を心配する春斗や潤平の優しさ、そっと寄り添うつむぎの温かさに心を打たれました。

瞬太と母の別れの場面は切なくて涙が出ましたが、最後に仲直りができて良かったです。

葬式のあと、ファミレスでコーヒーを4人分頼んでワイワイしているマクベスを見て、仲間っていいなあと思いました。

真壁から解散を勧められてしまったのは衝撃でしたが、それだけ彼らに親身になってくれているのでしょう。

マクベスがどうなっていくのか、次回もとても気になります。

『Hulu』で全話配信中!

\ 2週間無料体験 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました